柴田雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴田 雄次(しばた ゆうじ、1882年1月28日 - 1980年1月28日)は、東京府出身の化学者東京大学名誉教授正三位勲一等瑞宝章

生涯[編集]

薬学者柴田承桂の息子として東京市神田区駿河台に生まれる。父は当時、東京医学校(東京大学医学部の前身)教授。祖先は代々、尾張藩侍医を務めた。兄柴田桂太は、のち植物生理学者、東京帝国大学教授。長男は著名な作曲家にして音楽評論家柴田南雄。父・承桂は森鴎外の「雁」に実名で登場している。

東京高等師範学校附属尋常中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)から旧制第一高等学校を経て、1904年、東京帝国大学理科大学化学科入学、桜井錠二池田菊苗たちに師事し、1907年卒業。東京帝国大学大学院に進んで松原行一に師事した後、1910年、東京帝国大学理科大学講師となったが、同年、文部省留学生としてヨーロッパに渡り、ドイツではライプツィヒ大学にてハンチに、スイスではチューリヒ大学にてアルフレート・ヴェルナーに、フランスではパリ大学にてジョルジュ・ユルバンに学ぶ。

1913年に帰国し、東京帝国大学理科大学助教授として無機化学を講じる。1916年、長男南雄誕生。1917年7月16日、金属錯塩吸収スペクトルの研究によって理学博士となる[1]1919年、東京帝国大学教授。

1927年帝国学士院恩賜賞受賞。1942年、東京帝国大学理学部教授を定年退官し、新設の名古屋帝国大学に赴任、理学部長に就任。1944年帝国学士院会員となる。

1948年名古屋大学教授を退官。1949年東京都立大学の初代総長に就任し、1957年までこの地位にあった。

1962年日本学士院院長に就任(~1970年)。文化功労者となる。

日本の科学界全体の国際交流に尽くした他、日本の火山・温泉や古代文化財に対する化学的研究を本格的に行った。特に錯塩化学の日本における草分け的存在である。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1545号、大正6年9月25日。

参考文献[編集]

  • 竹内敬人「柴田雄次」(『科学史技術史事典』(弘文堂、1983年) ISBN 978-4-335-75003-8

関連項目[編集]

先代:
東京都立大学総長
初代: 1949年 - 1957年
次代:
矢野禾積