東京美術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 東京美術
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
170-0011
東京都豊島区池袋本町3-31-15
設立 1960年昭和35年)
代表者 代表取締役社長:加藤 泰夫
資本金 3,500万円
従業員数 140名
主要株主 シチズン時計
外部リンク http://www.tokyo-bijutsu.co.jp/
テンプレートを表示

東京美術(とうきょうびじゅつ)は、東京都にある日本出版社シチズングループ

概要[編集]

1960年(昭和35年)に創立された出版社。社章は英国の著名な陶芸家バーナード・リーチの作品で「リーチマーク」と呼称している。

映像部門があり、テレビ朝日テレビ東京の報道・情報番組用途の生放送テロップ制作なども受託している。

所在地[編集]

沿革[編集]

  • 1960年(昭和35年)3月 - 宣伝企画・出版・印刷業として会社設立
  • 1961年(昭和36年)
    • 9月 - 東京国立博物館の出版・印刷業務取引開始。シチズン時計の印刷および販売促進業務の取引開始
    • 10月 - NET(現:テレビ朝日)テロップ業務開始
  • 1963年(昭和38年)5月 - オフセット印刷部門新設
  • 1965年(昭和40年)8月 - オフセット製版部門新設
  • 1976年(昭和51年)4月 - オフセット製版部門を分離、株式会社 東京プロセスを設立
  • 1980年(昭和55年)12月 - 主要取引先300社を達成
  • 1987年(昭和62年)3月 - 組版部門を分離し、株式会社 東京美術製版を設立
  • 1990年(平成2年)4月 - 株式会社 東京美術製版を株式会社 アートワード東京と社名変更
  • 1991年(平成3年)3月 - シチズン商事の子会社となる
  • 1992年(平成4年)3月 - オフセット印刷部門を分離し、株式会社 東美制作センターを設立
  • 1997年(平成9年)11月 - 電子作画室研修室を設立
  • 2000年(平成12年)
    • 2月 - 株式会社 東美制作センターを吸収、印刷事業部オフセット部に変更
    • 6月 - 香港を拠点とした中国での印刷開始
  • 2003年(平成15年)9月 - 香港オフィス開設
  • 2004年(平成16年)
    • 4月 - シチズン時計株式会社の子会社となる
    • 4月 - 開発部を新設 同年9月映像センターをリニューアル
  • 2005年(平成17年)1月 - CSR委員会設立 同年5月本社ビルをリニューアル
  • 2007年(平成19年)5月 - プライバシーマーク使用許可を取得
  • 2010年(平成22年)3月 - 創立50周年。

主な出版物[編集]

  • もっと知りたいシリーズ
  • 考古学シリーズ
    • 先土器時代の知識(No.3)、鈴木忠司 著
    • 古墳時代の知識(No.6)、岩崎卓也 著
    • 貝塚の獣骨の知識(No.10)、金子浩昌 著
    • 装身具と骨角製漁具の知識(No.13)、江坂輝彌/渡辺誠 共著
    • 先史時代の自然環境 -縄文時代の自然史(No.21)、松島義章/前田保夫 著
    • 考古学の知識(No.1)
    • 発掘と整理の知識(No.2)
    • 縄文時代の知識(No.4)
    • 弥生時代の知識(No.5)
    • 歴史時代の知識(No.7)
    • 地層の知識 -第四紀をさぐる(No.8)、町田洋/新井房夫/森脇広 著
    • 化石の知識(No.9)、江坂輝彌 著
    • 旧石器の知識(No.11)
    • 新石器の知識(No.12)
    • 縄文土器の知識Ⅰ(No.14)
    • 縄文土器の知識Ⅱ(No.15)
    • 弥生土器の知識(No.16)
    • 土師器・須恵器の知識(No.17)
    • 土偶の知識(No.18)
    • 古墳の知識Ⅰ(No.19)
    • 古墳の知識Ⅱ(No.20)
    • 原始・歴史時代の歴史環境(No.22)
  • 基礎の考古学シリーズ
    • 土師器・須恵器の知識(改訂新版)、玉口時雄/小金井靖 共著
    • 発掘と整理の知識(改訂新版)、服部敬史 著
    • 縄文土器の知識 1―草創・早・前期―(改訂新版)、麻生優・白石浩之 著
    • 縄文土器の知識 2―中・後・晩期―(改訂新版)、藤村東男 著
    • 地層の知識 ―第四紀をさぐる(改訂新版)、町田洋/新井房夫/森脇広 共著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]