市古貞次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

市古 貞次(いちこ ていじ、1911年5月5日 - 2004年3月25日)は、日本日本文学者。専門は中世日本文学

人物[編集]

山梨県甲府市生まれ。旧制巣鴨中学校(現巣鴨中学校・高等学校)、第一高等学校文科甲類を経て、1934年東京帝国大学文学部国文学科卒業。

1936年東京帝国大学文学部副手、1939年第一高等学校講師、1940年同教授、1950年東京大学教養学部助教授、1954年同大文学部助教授、1957年同教授。文部省国文学研究資料館の設立に尽力し、1972年、東大定年退官とともに初代館長に就任。

1954年 東京大学 文学博士。論文の題は「中世小説の研究 」[1]

中世文学研究のほか、『日本文学全史』(学燈社)全6巻の監修、執筆に当たるほか、『日本文学大年表』(桜楓社)の編纂、『国書総目録』(岩波書店)の編纂の総指揮をとった。

1973年紫綬褒章受章、1984年文化功労者となる。1976年から日本学士院会員2000年、同院長に就任するが、2001年健康上の問題で辞職。1990年、主として『国書総目録』編纂の功績により、日本文学研究者として初めての文化勲章を受章。全国大学国語国文学会代表理事、日本古典文学会理事長等も歴任した。

妻は関泰祐関みさをの娘、弟に東洋史学者の市古宙三、息子は国文学者の市古夏生(お茶の水女子大名誉教授)。

著書[編集]

  • 『未刊中世小説解題』楽浪書院 1942
  • 『中世小説』(日本文学教養講座) 至文堂, 1952
  • 『中世小説の研究』東京大学出版会, 1955
  • 『義経記・曽我物語』さ・え・ら書房(私たちの日本古典文学) 1959
  • 『日本文学史概説』秀英出版 1959
  • 『中世の文学』至文堂 1966
  • 『中世小説とその周辺』東京大学出版会 1981
  • 『中世文学点描』桜楓社 1985
  • 『中世文学年表』東京大学出版会 1998

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース