畠山久尚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

畠山 久尚(はたけやま ひさなお、1905年1月20日 - 1994年2月11日[1])は、日本気象学者

略歴[編集]

新潟県出身。1928年東京帝国大学理学部物理学科を卒業し、中央気象台に入る。1949年気象研究所長、1958年東京管区気象台長、1963年気象庁長官。1965年退官、のち二松學舍大学教授、1975年名誉教授。

1938年10月に、地磁気湾形変化の研究を発表した[2]。1940年「地磁気及び地電流の湾型変化並に脈動に関する研究」で理学博士の学位を取得。

受賞・栄典[編集]

・1944年 日本学士院賞

・1973年 日本気象学会藤原賞

・1975年 勲二等旭日重光章

・1977年 運輸省交通文化賞

・1978年 日本雪氷学会功績賞[3]

・1984年 日本農業気象学会永年功労会員

・1986年 日本学士院会員

著書[編集]

  • 『気象の四季』地人書館 1942
  • 『気象その時々』地人書館 1947
  • 『天氣予報の話』主婦の友社 うち中で読む科学の本 1949
  • 『寒さと雪』積雪科学館 1955
  • 『かみなり』地人書館 1961
  • 『気象とともに』地人書館 1966
  • 『地球の科学』松浦晴二小学館 学習科学図鑑シリーズ 1967
  • 『雷の科学』河出書房新社 1970
  • 『気象と火災 日本の風土と火災』全国加除法令出版 1978

共著編[編集]

翻訳[編集]

  • リチャード・A.クレーグ『宇宙空間の科学 超高層大気の諸現象』河出書房新社 1969

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 中央気象台欧文報告12巻1号・2号
  3. ^ 『現代日本人名録』1987年