羽鳥光彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

羽鳥 光彦(はとり みつひこ、1954年 - )は、第23代気象庁長官

来歴[編集]

群馬県出身。1972年群馬県立高崎高校卒業。1982年3月25日東北大学大学院理学研究科博士課程修了[1]、論文「風波の発達における非線形過程の実験的研究」で東北大学理学博士[2]。同年気象庁入庁、舞鶴海洋気象台配属。2000年大阪管区気象台技術部長。観測部管理課長総務部企画課長等を経て、2007年福岡管区気象台[1]2009年4月予報部長2011年1月18日第23代気象庁長官に就任[3]。2014年3月末で退官した。同年一般財団法人気象業務支援センター理事長[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
先代:
櫻井邦雄
気象庁長官
第23代:2011年 - 2014年
次代:
西出則武