宮崎茂一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮崎 茂一
みやざき もいち
Moichi Miyazaki 1988.jpg
生年月日 (1917-02-15) 1917年2月15日
出生地 日本の旗 鹿児島県鹿児島郡谷山村
没年月日 (2004-02-16) 2004年2月16日(87歳没)
出身校 東京帝国大学工学部卒業
前職 国家公務員運輸省
所属政党 (無所属→)
自由民主党宮澤派

内閣 竹下改造内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1989年6月3日

選挙区 旧鹿児島1区
当選回数 8回
在任期間 1972年12月10日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

宮崎 茂一(みやざき もいち、1917年2月15日 - 2004年2月16日)は、日本政治家技術士(建設部門)。自由民主党衆議院議員(8期)。第42代科学技術庁長官

来歴・人物[編集]

鹿児島県鹿児島郡谷山村大字上福元上松崎(現在の鹿児島市谷山中央)出身[1]。鹿児島県立第二中学校(現甲南高校)から第七高等学校造士館(現鹿児島大学)を経て1939年東京帝国大学工学部を卒業。

大学卒業後、内務省に入省。その後は経済企画庁を経て運輸省に移り、港湾局長などを歴任。退官後、政界入りを目指し1969年の衆議院議員総選挙に旧鹿児島1区から無所属で出馬したが落選。3年後の1972年の総選挙に再び旧鹿児島1区から無所属で出馬、初当選を飾った(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎三塚博村岡兼造保岡興治瓦力越智通雄野田毅深谷隆司など)。連続当選8回。

当選後は自民党に入党し、党内では宏池会大平正芳鈴木善幸宮澤喜一派)に所属。郵政政務次官行政管理政務次官、衆院法務委員長などを務め、1988年竹下改造内閣科学技術庁長官として初入閣を果たした。また、1993年6月から1997年6月にかけては、日本技術士会の第13代会長でもあった。1996年、政界を引退。

7期目の開票当日落選の報を受け、落選の弁を語るも報道ミスで30分後に当選の喜びを発表したというエピソードがある。

2004年2月16日、心不全のため死去。享年88(87歳没)。

1997年、故郷の権現ヶ尾へ銅像が建立されるが、2017年に本体が盗難に遭う。2018年11月、有志によって残された台座に顕彰碑が建てられた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『谷山市誌』 p.1198 - 谷山市、1967年

参考文献[編集]

  • 「日本技術士会創立50周年記念誌」(2001年6月、日本技術士会創立50周年記念誌編集小委員会 P265)
議会
先代:
渡辺紘三
日本の旗 衆議院逓信委員長
1986年
次代:
深谷隆司
先代:
綿貫民輔
日本の旗 衆議院法務委員長
1983年 - 1984年
次代:
片岡清一
公職
先代:
伊藤宗一郎
日本の旗 科学技術庁長官
第42代:1988年 - 1989年
次代:
中村喜四郎