片岡清一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
片岡清一
かたおか せいいち
生年月日 1911年7月23日
出生地 富山県砺波市
没年月日 (1999-02-26) 1999年2月26日(満87歳没)
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 内務省官僚
所属政党 自由民主党
称号 従三位
勲一等瑞宝章

日本の旗 第49代 郵政大臣
内閣 竹下改造内閣
在任期間 1988年12月27日 - 1989年6月3日

選挙区 富山県第2区
当選回数 6回
在任期間 1972年12月11日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

片岡 清一(かたおか せいいち、1911年(明治44年)7月23日 - 1999年(平成11年)2月26日)は、日本の政治家自由民主党衆議院議員富山県砺波市出身。

来歴・人物[編集]

東京帝国大学法学部政治学科卒業後、内務省に入省。砺波市長を務めた後、1969年第32回衆議院議員総選挙松村謙三の後継者として旧富山2区から出馬するも落選。続く1972年第33回衆議院議員総選挙にて初当選(当選同期に小泉純一郎加藤紘一山崎拓石原慎太郎三塚博村岡兼造保岡興治瓦力越智通雄野田毅深谷隆司など)。以後連続当選6回。自民党内では中曽根康弘派に属し、1988年12月から翌年の6月まで竹下内閣郵政大臣を務めた。1989年勲一等瑞宝章受章。1990年政界引退。

1999年2月26日心不全のため死去。享年89(87歳没)。


議会
先代:
宮崎茂一
日本の旗 衆議院法務委員長
1984年 - 1986年
次代:
福家俊一
先代:
橋口隆
日本の旗 衆議院内閣委員長
1983年 - 1984年
次代:
中島源太郎
公職
先代:
中山正暉
日本の旗 郵政大臣
1988年 - 1989年
次代:
村岡兼造