植竹春彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

植竹 春彦(うえたけ はるひこ、1898年2月27日 - 1988年5月20日)は、日本実業家政治家参議院議員。

人物[編集]

東京都出身。藤井鼎・貞子の七男に生まれ、1924年12月三右衛門の養子となる。1923年東京商科大学(現・一橋大学)卒業。大学卒業後、日本大学講師、東邦電力勤務を経て1936年東野鉄道(現・東野交通)となり社長・会長を歴任。1947年以来5回参議院議員に当選。民主党自由党各総務、党政調会副会長、副幹事長、党紀委員長を歴任。1951年参議院運輸委員長として運輸事情調査のため渡米。1959年6月第2次岸内閣改造内閣の郵政大臣に任命され、同年9月万国電気通信会議政府首席全権として渡欧。更に欧米の郵政電通電波事情を視察。1960年7月総辞職退任。1968年党電信電話基本問題調査会長、自民党衆参両院議員総会長、1972年永年永年勤続議員として表彰。1974年ベネズエラ国特派大使に任命され同年7月任期満了と共に参議院議員を退任した。

1988年(昭和63年)5月20日死去、90歳。死没日をもって正三位に叙され、銀杯一組を賜った[1]

略歴[編集]

家族[編集]

栄典[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第30版』人事興信所、1979年。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第18380号8-9頁 昭和63年6月1日号
  2. ^ a b 植竹 春彦”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年12月16日閲覧。

関連項目[編集]


公職
先代
寺尾豊
日本の旗 郵政大臣
第14代:1959年 - 1960年
次代
鈴木善幸
議会
先代
佐々木鹿蔵
日本の旗 参議院運輸委員長
1950年 - 1951年
次代
山縣勝見