船田譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

船田 譲(ふなだ ゆずる、1923年(大正12年)6月13日 - 1985年(昭和60年)8月10日)は、昭和期の教育者政治家栃木県知事参議院議員作新学院院長などを歴任。

来歴・人物[編集]

後に衆議院議長自由民主党副総裁を務めた船田中の長男として栃木県に誕生する。1947年(昭和22年)東京帝国大学農学部を卒業。卒業後は、船田家が創設した作新学院に入り、中等部長などを務める。

1965年(昭和40年)に自民党公認で参議院議員通常選挙に立候補し当選。2期務めその間、大蔵政務次官などに就く。

1974年(昭和49年)に参議院議員を辞職し、栃木県知事に立候補し当選。3期務める。学者肌の知事として全国的にも知られ、在職中のことは自伝『素人知事奮戦記』(1982年)に詳しい。

1984年(昭和59年)ごろから肝機能障害を患い入退院を繰り返すことを余儀なくされ、健康上の理由から知事を退任した。退任後は、再び作新学院院長として学院の経営に当たった。1985年(昭和60年)8月10日死去。享年62。妻の昌子は夫の没後作新学院院長となる。衆議院議員船田元は長男。