高橋克法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
高橋 克法
たかはし かつのり
生年月日 (1957-12-07) 1957年12月7日(60歳)
出生地 日本の旗 栃木県塩谷郡高根沢町
出身校 明治大学法学部法律学
前職 岩崎純三参議院議員秘書
所属政党自由民主党→)
無所属→)
自由民主党(麻生派
称号 法学士
公式サイト 高橋かつのり オフィシャルウェブサイト

選挙区 栃木県選挙区
当選回数 1回
在任期間 2013年7月29日 - 現職

Flag of Takanezawa Tochigi 2.svg 第12・13・14・15代 高根沢町長
当選回数 4回
在任期間 1998年8月2日 - 2013年3月21日

選挙区 塩谷郡選挙区
当選回数 1回
在任期間 1996年 - 1998年
テンプレートを表示

高橋 克法(たかはし かつのり、1957年12月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(1期)、国土交通大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。栃木県塩谷郡高根沢町長(第12・13・14・15代)、栃木県議会議員(1期)を務めた。

来歴[編集]

栃木県塩谷郡高根沢町生まれ。栃木県立宇都宮東高等学校明治大学法学部法律学科卒業。大学卒業後、岩崎純三参議院議員の秘書を務める。

1996年12月、栃木県議会議員補欠選挙(塩谷郡選挙区)に出馬し、初当選した。栃木県議会では自由民主党会派に所属する。1998年6月12日、高根沢町の岡田幸雄町長が任期途中で死去し、それに伴う町長選への出馬を表明。栃木県議を辞職し、8月の町長選で当選した。以後、4期15年にわたり高根沢町長を務める。

2010年第22回参議院議員通常選挙では、みんなの党渡辺喜美代表(当時)から比例区での立候補の要請を受け、自身も立候補を検討していたが、後援会からの反対を受け、立候補を見送った[1]

2013年、自民党栃木県連が実施した第23回参議院議員通常選挙の候補者公募に合格し、3月8日に自民党本部から公認を受ける[2]。これに先立ち、3月5日の町議会で、議会が終了する同月21日に町長を辞職する意向を表明し、町議会議長に辞表を提出した[3]。同年7月21日の第23回参議院議員通常選挙において、栃木県選挙区民主党谷博之らを破り当選した。10月1日麻生派に入会[4]

2017年8月、第3次安倍第3次改造内閣にて国土交通大臣政務官に就任[5]

政策[編集]

2013参院選に伴う毎日新聞が行った候補者アンケートによると

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “高根沢・高橋町長、出馬を断念 みんなの党参院比例”. 47ニュース. (2010年4月23日). http://www.47news.jp/news/election/sanin2010/2010/04/102704.php 2015年1月20日閲覧。 
  2. ^ “高橋町長を自民が公認”. 下野新聞. (2013年3月9日). http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/politics/news/20130308/996988 2013年3月9日閲覧。 
  3. ^ “参院選・栃木選挙区 出馬準備、高根沢町長が退職を申し出/栃木”. 毎日新聞. (2010年4月23日). http://archive.fo/A4WsF 2015年1月20日閲覧。 
  4. ^ “自民・簗氏が町村派入り 高橋氏は麻生派”. 下野新聞. (2013年11月1日). http://archive.fo/c44OOy 2015年1月20日閲覧。 
  5. ^ 国交省、新たな副大臣と政務官が決定-内閣改造”. トラベルビジョン (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 2013参院選 毎日新聞候補者アンケート
  7. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
岡田幸雄
Flag of Takanezawa Tochigi 2.svg 高根沢町長
第12・13・14・15代:1998年 - 2013年
次代:
加藤公博