別府総太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
別府総太郎

別府 総太郎(べっぷ そうたろう、1883年明治16年)5月17日 - 1931年昭和6年)5月16日)は、日本の内務官僚。官選県知事

経歴[編集]

山口県出身。別府玄三の二男として生まれる。第一高等学校を経て、1909年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業。1911年11月、文官高等試験行政科試験に合格。内務省に入り福岡県試補となる。

以後、福岡県理事官群馬県理事官兼視学官内閣書記官兼国勢院書記官、法制局参事官拓殖事務局長などを歴任。

1924年6月、島根県知事に就任。1926年9月、奈良県知事に転じた。1927年5月、栃木県知事に就任。1928年6月、同県知事を辞任し退官した。1931年5月16日死去。享年47。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。