船田享二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふなだ きょうじ
船田 享二
Funada Kyoji.JPG
1952年
生年月日 1898年1月13日
出生地 栃木県宇都宮市
没年月日 (1970-03-14) 1970年3月14日(72歳没)
出身校 東京帝国大学
前職 京城帝国大学教授
東京大学講師
船田教育会理事
作新学院学院長
所属政党日本協同党→)
協同民主党→)
国民協同党→)
国民民主党→)
改進党→)
無所属
称号 従三位
勲一等瑞宝章
法学博士
第35回日本学士院恩賜賞
配偶者 妻・船田文子
親族 兄・船田中
弟・藤枝泉介
甥・船田譲

内閣 芦田内閣
在任期間 1948年7月1日 - 1948年10月15日

選挙区 栃木県第1区
当選回数 3回
在任期間 1946年4月11日 - 1952年8月28日
テンプレートを表示
妻・文子(1953年)

船田 享二(ふなだ きょうじ、1898年明治31年)1月13日 - 1970年昭和45年)3月14日)は、日本法学者ローマ法)、教育者、政治家。教育者として作新学院院長。政治家として衆議院議員(当選3回)、行政管理庁長官賠償庁長官。叙従三位、叙勲一等瑞宝章

政治家一家として知られた「船田三兄弟」の次男で、衆議院議長となった船田中は兄、自治大臣や運輸大臣などを歴任した藤枝泉介は実の弟にあたる。また夫人の船田文子主婦連副会長をつとめた。

来歴[編集]

1898年1月13日、船田兵吾(作新学院創設者[1])の次男として、栃木県宇都宮市に生まれる。一高1921年東京帝国大学法学部英法科卒業。1926年京城帝国大学助教授1928年に同大教授となり、ローマ法を担当する。1943年法学博士号。

戦後、公職追放中の兄、船田中の代理として地盤を引き継ぎ、1946年栃木1区(当時)から第22回衆議院議員総選挙に立候補し当選する。以後、3回当選。1948年芦田均内閣の行政調査部総裁兼賠償庁長官に就任。兄の追放解除を受けて、政界を引退し学界に戻る。以後は、東京大学講師や作新学院院長を務めた。

1968年叙勲二等旭日重光章。1970年3月14日、72歳で死去。叙従三位、叙勲一等瑞宝章

人物[編集]

1937年にドイツやオーストリアの著名な法学者が所有していた蔵書を入手し、それを京城帝国大学図書館に納めた。船田の寄贈書は現在のソウル大学校図書館に引き継がれ、世界の法学会においても貴重な資産となっている[1]

著書に『ローマ法入門』、『羅馬法』(全5巻、昭和45年日本学士院恩賜賞受賞)、『法思想史』、『法律思想史』など。

著書[編集]

  • カントの法律哲学(日本大学 1923年)
  • 羅馬法(刀江書院 1930年)
  • 羅馬元首政の起源と本質(岩波書店 1936年 京城帝国大学法学会叢刊)
  • 羅馬私法提要(有斐閣 1941年)
  • 法律思想史(河出書房 1943年)
  • 羅馬法(全5巻 岩波書店 1943年-1944年)
  • 法律思想史(愛文館 1946年)
  • 法思想史(勁草書房 1953年)
  • ローマ法入門(有斐閣 1953年)
  • 法思想史入門(宝文館 NHK教養大学 1956年)
  • 法思想史の話(勁草書房 1968年)

共編著[編集]

  • 國家の研究 第1(編輯 刀江書院 1934年 京城帝國大學法學會論集)
  • 法と政治の研究(尾高朝雄鵜飼信成共著 御茶の水書房 1949年)

翻訳[編集]

  • メレジユコゥフスキイ『背教者ジュリアノ』(春陽堂 1924年)
  • 『カント著作集 第9 法律哲学』(恒藤恭共訳 岩波書店 1933年)
  • ガイウス『法学提要』(日本評論社 1943年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 木村光彦 (2018-04-25). 日本統治下の朝鮮. 中央公論新社. pp. 190-191 


先代:
斎藤隆夫
行政調査部総裁
第2代:1948年
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
行政管理庁長官
初代:1948年
次代:
吉田茂(事務取扱)
殖田俊吉
先代:
(結成)
日本協同党政務調査会長
1946年
次代:
(解散)
先代:
(結成)
協同民主党政務調査会長
1946年 - 1947年
次代:
(解散)