橋本龍伍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
橋本 龍伍
はしもと りょうご
生年月日 1906年6月2日
出生地 日本の旗 日本 東京府荏原郡目黒村
没年月日 (1962-11-21) 1962年11月21日(満56歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京帝国大学法学部
(現・東京大学
前職 大蔵官僚
所属政党 民主自由党→)
自由党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等瑞宝章
親族 父・橋本卯太郎
長男・橋本龍太郎
次男・橋本大二郎
孫・橋本岳

日本の旗 第81代 文部大臣
内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年12月31日 - 1959年6月18日

日本の旗 第32代 厚生大臣
内閣 第2次岸内閣
在任期間 1958年6月12日 - 1959年6月18日

内閣 第3次吉田第2次改造内閣
第3次吉田第3次改造内閣
在任期間 1951年7月4日 - 1952年1月18日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 岡山県第2区
当選回数 6回
在任期間 1949年1月24日 - 1962年11月21日
テンプレートを表示

橋本 龍伍(はしもと りょうご、1906年明治39年)6月2日 - 1962年昭和37年)11月21日)は、日本大蔵官僚政治家衆議院議員(6期)。位階勲等正三位勲一等瑞宝章。称号は法学士

大日本麦酒常務を務めた橋本卯太郎の五男で、第82代・第83代内閣総理大臣橋本龍太郎および高知県知事を務めた橋本大二郎の父、衆議院議員橋本岳の祖父である。

少年の頃に結核性の腰椎カリエスに罹って11年に及ぶ闘病生活を送り、生涯杖を離せない身体となった。苦学して第一高等学校東京帝国大学法学部を卒業、大蔵省を経て吉田学校の一員として文部大臣厚生大臣等を歴任した。

来歴・人物[編集]

生い立ち[編集]

1906年6月2日、東京府荏原郡目黒村大日本麦酒(現・サッポロビール)社員の橋本卯太郎・マツの五男として生まれた[1]本籍渋谷区[2]

逗子開成中学、第一高等学校文科乙を経て、1934年東京帝国大学法学部法律学科独法科卒業。大蔵省に入る。

大蔵官僚として[編集]

広島税務署長、大蔵省大臣官房戦時施設課長、経済安定本部財政金融局企業課長を歴任し、その間に独占禁止法などの立案に携わる[3]吉田茂首相の下で内閣官房次長となり、政界入りを勧められ退官。

政治家として[編集]

1949年衆院選で岡山2区より民主自由党公認で出馬し当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。1951年7月、12月第3次吉田内閣第2次改造内閣第3次吉田内閣第3次改造内閣で厚生大臣兼行政管理庁長官に就任。1958年6月第2次岸内閣で厚生大臣に就任。1959年1月第2次岸内閣で文部大臣に就任。

1962年11月21日、喉頭により東京麻布の自宅において死去。葬儀委員長は自身と当選同期で親交があった佐藤栄作。墓は岡山県総社市宝福寺にある。

栄典[編集]

家族・親族[編集]

橋本家の人々、昭和16 (1941) 年撮影

橋本家[編集]

岡山県総社市倉敷市東京都渋谷区港区
実家
自家
左から二男・大二郎龍伍、後妻・正、長男 龍太郎
昭和31年、撮影)
  • 先妻・春子(埼玉県、官僚、政治家大野緑一郎(元警視総監)の長女)
  • 後妻・(兵庫県、官僚、政治家若宮貞夫の四女)
  • 長男・龍太郎(政治家・首相)…先妻との間の子
  • 二男・大二郎(政治家)…後妻との間の子

エピソード[編集]

人柄・性格[編集]

小学校はなんとか卒業することができたが、開成中学に進むころから闘病生活に入った。闘病生活の間に独学で勉強し、検定で開成中学を卒業した。病院から退院した時には高等学校の受験資格を得ていたため、第一高等学校に進学するべく願書を提出した。しかし身体障害者は軍事教練ができないという理由で、願書は突き返された。ひとまず慶應義塾に入学したが、入学したのと同時に連日文部省に通い直談判した。その結果、受験資格の認定制度が改定され、自分で行動できる障害者にも国立の高等学校、大学への受験資格が与えられるようになった[8]。慶應を卒業することはなかったが、一度自分に門戸を開いてくれた学校への愛着は変わらず、長男龍太郎の慶應進学を大変喜んだという。

龍伍について長男龍太郎は「物心つくころから私には父におぶってもらったり抱いてもらったという記憶はありません。いつも松葉杖かステッキをついている父の後を追って歩いた、そんな思い出だけが残っています」[9]。「私が自分の父親を尊敬し今でも誇りに思うのはそのハンディキャップにもかかわらず自分の人生を自分の力で切り拓いていった、その強靭な精神力です。そして絶対に物事に対してあきらめを持たなかった。本当に挑戦者という姿勢を生涯とり続けたことです」と述べている[10]

思想問題で官憲に追及されている友人を下宿にかくまったことにより、警察に2度拘留された[11]

自身の体が不自由だったことから、「政治は弱い人のためにある」を政治信条にしていた。

その他[編集]

趣味は登山、写真、美術鑑賞、和歌。宗教は臨済宗。住所は東京都港区麻布仲ノ町、岡山県総社市秦下[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『岡山県歴史人物事典』には“東京都出身”とある。
  2. ^ 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、は二八に「東京都渋谷区在籍」とある。
  3. ^ 橋本龍伍著『独占禁止法と我が国民経済』日本経済新聞社、1947年、奥付・著者略歴
  4. ^ a b 『人事興信録 5版』(大正7年)は八五
  5. ^ a b c 『明治大正人物史』
  6. ^ a b c d e f 橋本明著『戦後50年・年譜の裏面史 昭和抱擁 -天皇あっての平安-』 112頁
  7. ^ 石光真清著『城下の人』
  8. ^ 『仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』 12-14頁
  9. ^ 仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』11頁
  10. ^ 仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』15頁
  11. ^ 『岡山県歴史人物事典』
  12. ^ 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、は二八より

参考文献[編集]

  • 山崎始男君の故議員橋本龍伍君に対する追悼演説」『衆議院会議録情報 第042回国会 本会議 第1号』、1962年。
  • 大月雄三郎 『総社市人物風土記』 1983年 200-201頁
  • 岡山県歴史人物事典編纂委員会 『岡山県歴史人物事典』 1994年、790-791頁。
  • 浅川博忠 『仕事師と呼ばれた男 橋本龍太郎』 東洋経済新報社、1995年、11-24頁。
  • 俵孝太郎 『日本の政治家 親と子の肖像』 中央公論社、1997年、351-377頁。
  • 秦郁彦 『日本近現代人物履歴事典』 東京大学出版会、2002年、402頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]