中村寅太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 寅太
なかむら とらた
生年月日 (1902-08-03) 1902年8月3日
出生地 福岡県糸島市志摩
没年月日 (1978-02-14) 1978年2月14日(75歳没)
出身校 糸島農学校

選挙区 旧福岡1区
当選回数 10回
在任期間 1947年 -

内閣 第1次佐藤内閣第1次改造内閣
在任期間 1965年 -
テンプレートを表示

中村 寅太(なかむら とらた、1902年8月3日1978年2月14日)は、昭和期の政治家運輸大臣国家公安委員会委員長行政管理庁長官

来歴・人物[編集]

現在の福岡県糸島市志摩の農家に生まれる。農業の傍ら、中野正剛の門下生となり、同志を集めて「糸島又新会」を結成、普選運動に挺身する。1933年糸島農学校を卒業後、福岡県産業組合(現在の農協の前身)に入り、1938年主事となる。1942年県農業会主事。

終戦後農業会を辞職し、「農民青年連盟」を結成、書記長となる。1947年第23回衆議院議員総選挙に同連盟から旧福岡1区にて立候補し初当選する(当選同期に田中角栄鈴木善幸中曽根康弘など)。当時は新聞紙上で「大番狂わせ」などと騒がれた。以後当選10回。

1949年農民協同党の結成に参加し、書記長となる。1952年には改進党に合流し党副幹事長。保守合同後は三木武夫派に所属し、法務政務次官、衆院懲罰委員長等を経て、1965年第1次佐藤内閣第1次改造内閣にて運輸大臣として初入閣、新東京国際空港(現・成田国際空港)の建設予定地の決定に携わる(→成田空港問題)。1971年には第3次佐藤内閣改造内閣で行政管理庁長官兼国家公安委員会委員長として再入閣する。

1972年の自民党総裁選においては福田赳夫を支持し、早川崇菅野和太郎らとともに三木派を離脱した。1976年政界引退。1972年勲一等旭日大綬章受章。1978年2月14日死去。享年75。

エピソード[編集]

  • 1965年6月16年、中村は運輸大臣着任早々、新東京国際空港候補地を空から視察した[1]。新空港建設問題において富里と霞ヶ浦を再度にわたり視察し、反対派農民とも話し合った大臣は中村のみであり、友納武人千葉県知事からは「誠実の人だった」と評価されている[1]。その反面、後に隅谷調査団高橋寿夫からは「その地域がどういう地域であるかということを、地下足袋をはいて自分の足で確認」していないと批判されている[2]
  • 1971年、第3次佐藤内閣の改造で再入閣するが、当時の佐藤栄作首相は内閣改造で三木派冷遇の人事を行う。また、中村が三木派の中で親佐藤・親福田だったことから、佐藤は福田赳夫に「この中で君が(三木派の中で)親しいのは誰かね」と言うと「中村寅太さんでしょう」と返事が返り、三木派から一本釣りで中村が行管庁長官・国家公安委員会に起用された。
  • 国家公安委員長在任中にあさま山荘事件が発生し、警察庁長官後藤田正晴のバックアップを行った。記者会見で2人の警官が殉職していることを告げ、涙を流した[3]
  • 1976年、新自由クラブ結成が報じられた時、中村は政治評論家の浅川博忠と歓談していたが、報道を耳にするやいなや「苦労知らずでわがままな世襲のお坊ちゃまたちではいずれケンカ別れしてしまうさ。もってせいぜい2〜3年で分党か解党だろう。長続きするものではないさ」と、即座に“予言”してみせた。

出典[編集]

  1. ^ a b 東京新聞千葉市局/大坪景章 編『ドキュメント成田空港』東京新聞出版局、1978年、27頁
  2. ^ 福田克彦『三里塚アンドソイル』平原社、2001年、72-73頁
  3. ^ 保阪正康『後藤田正晴 異色官僚政治家の軌跡』文藝春秋、2009年


議会
先代:
武知勇記
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1960年 - 1961年
次代:
大村清一
先代:
小枝一雄
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1957年 - 1958年
次代:
松浦周太郎
公職
先代:
荒木万寿夫
日本の旗 国家公安委員会委員長
1971年 - 1972年
次代:
木村武雄
先代:
荒木万寿夫
日本の旗 行政管理庁長官
1971年 - 1972年
次代:
浜野清吾
先代:
松浦周太郎
日本の旗 運輸大臣
1965年 - 1966年
次代:
荒舩清十郎