簗瀬進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
簗瀬 進
やなせ すすむ
生年月日 (1950-04-23) 1950年4月23日(67歳)
出生地 栃木県宇都宮市
出身校 東北大学法学部
所属政党 自由民主党→)
新党さきがけ→)
旧民主党→)
民主党)(旧鳩山グループ)→民進党
称号 法学士
弁護士
親族 父・簗瀬勇(栃木県議会議員)
公式サイト やなせ進 オフィシャルサイト

選挙区 栃木県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1998年7月26日 - 2010年7月25日

選挙区 旧栃木1区
当選回数 2回
在任期間 1990年2月 - 1996年9月27日

当選回数 2回
在任期間 1984年 - 1990年
テンプレートを表示

簗瀬 進(やなせ すすむ、1950年4月23日 - )は、日本の元政治家弁護士参議院議員(2期)、衆議院議員(2期)を歴任。

来歴・人物[編集]

1950年4月23日、宇都宮市一条に生まれる。1966年3月、宇都宮市立一条中学校卒業。1969年3月、栃木県立宇都宮高等学校卒業。1974年3月、東北大学法学部卒業[1]

1978年4月、栃木県庁入庁。司法試験合格。なお、北側一雄司法修習33期の同期生。

1990年第39回衆議院議員総選挙森山欽司の後継者として自由民主党公認で出馬して初当選(当選同期に岡田克也佐田玄一郎藤井裕久鈴木俊一亀井久興中谷元森英介福田康夫石原伸晃河村建夫小林興起塩谷立古屋圭司細田博之小坂憲次山本拓など)。当選同期の赤城徳彦村田吉隆山本有二今津寛渡瀬憲明前田正らと新政策研究会(会長:河本敏夫)に所属。

1993年6月、当時、後見人である森山眞弓宮澤内閣の現職文部大臣であったが、衆院本会議で野党提出の宮沢内閣不信任案に賛成票を投じた。この後、自民党を離党して新党さきがけの結成に参加し、党政策局長に就任した。なお、簗瀬は「新党さきがけ」の党名の発案者である。

1994年6月30日自社さ連立政権村山富市内閣建設政務次官に就任した。1996年9月28日、 新党さきがけを離党して旧民主党結成に参加。初代政策調査会長に就任した。なお、簗瀬は「(旧)民主党」といった党名の発案者、「市民が主役の民主党」のフレーズのライターでもある。同年10月に行われた第41回衆議院議員総選挙では落選した。

1998年7月の第18回参議院議員通常選挙に鞍替え出馬して当選し、政界に復帰した。1999年1月の民主党代表選挙では松沢成文の推薦人となる。8月、参院本会議で国旗及び国歌に関する法律に反対票を投じた。 9月の党代表選では鳩山の推薦人に名を連ねた。

2006年、日本の戦争責任を検証することを目指す政策勉強会「日本の歴史リスクを乗り越える研究会」の呼びかけ人となる。2007年8月から党参議院国対委員長を務め、2009年10月には参議院予算委員長に就任。

2010年7月の第22回参議院議員通常選挙栃木県選挙区から出馬したが、自民党の上野通子に僅差で敗北し、落選。

2013年7月の第23回参議院議員通常選挙比例区から出馬したが、落選。

2013年10月20日、宇都宮市内のホテルで政界引退を表明。

2014年4月より昭和音楽大学の副学長および憲法学教授に着任。

2016年民進党栃木県連常任顧問に就任。同年より昭和音楽大学学長。

政策[編集]

エピソード[編集]

主な所属団体・議員連盟[編集]

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行年 選挙区 政党 得票数 得票順位
栃木県議会議員補欠選挙 1984年 宇都宮市選挙区 自由民主党    
栃木県議会議員一般選挙 1987年 宇都宮市選挙区 自由民主党  
第39回衆議院議員総選挙  1990年 旧栃木1区 自由民主党 80,840.357 7人中4位
第40回衆議院議員総選挙 1993年 旧栃木1区 新党さきがけ 116,391 7人中3位
第41回衆議院議員総選挙 1996年 栃木1区 旧民主党 52,740 4人中2位
第18回参議院議員通常選挙 1998年 栃木県選挙区 民主党 333,894 8人中1位
第20回参議院議員通常選挙  2004年 栃木県選挙区 民主党 388,356 3人中1位
第22回参議院議員通常選挙 2010年 栃木県選挙区 民主党 319,898 4人中2位
第23回参議院議員通常選挙 2013年 比例区 民主党 53,940 20人中14位
当選回数6回 (衆議院議員2、参議院議員2、栃木県議会議員2)

脚注[編集]

  1. ^ 学長メッセージ、昭和音楽大学
  2. ^ 毎日新聞2010年参院選アンケート
  3. ^ 「共謀罪」反対で、超党派国会議員と市民の緊急集会

外部リンク[編集]


議会
先代:
大石正光
日本の旗 参議院予算委員長
2009年 - 2010年
次代:
平野達男
先代:
江田五月
日本の旗 参議院懲罰委員長
2007年
次代:
中曽根弘文
先代:
小川敏夫
日本の旗 参議院内閣委員長
2003年 - 2004年
次代:
和田ひろ子
党職
先代:
結党
旧民主党政策調査会長
初代:1996年
次代:
仙谷由人
先代:
結党
新党さきがけ政策調査会長
初代代:1993年 - 1994年
次代:
菅直人