山口シヅエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
山口 シヅエ
やまぐち しづえ
Yamaguchi Shizue.jpg
1952年撮影
生年月日 1917年10月31日
出生地 東京府
没年月日 (2012-04-03) 2012年4月3日(満94歳没)
出身校 東京府立第7高等女学校
(現・東京都立小松川高等学校
所属政党 日本社会党(1946-51)→
右派社会党(1951-55)→
日本社会党(1955-67)→
自由民主党(1967-)
称号 勲一等瑞宝章(1987年)
親族 山口重彦(父・参議院議員)

選挙区 東京都第1区→
東京都第6区
当選回数 13
在任期間 1946年4月11日 - 1972年11月13日
1976年12月6日 - 1980年5月19日
テンプレートを表示

山口 シヅエ(やまぐち しづえ、1917年10月31日 - 2012年4月3日[1])は、日本政治家。元日本社会党及び自由民主党衆議院議員(当選13回)[2]。明るく華やぎのある雰囲気から下町の太陽と呼ばれた。本名静江[2]

来歴・人物[編集]

東京都中央区日本橋小伝馬町に、「山口自転車」を経営していた山口重彦(後に参議院議員)の長女として生まれる。1935年、東京府立第7高等女学校(現・東京都立小松川高等学校)を卒業後、家業に従事。従業員への食事を手配する「炊事部長」を務めていた。

弟を戦争で亡くしたことで、「戦争反対を訴えたい」と国政選挙立候補を決意。賀川豊彦の後押しも得て、1946年第22回衆議院議員総選挙日本社会党から出馬し当選。日本初の女性代議士の一人となる。売春防止法制定に尽力するなどしたが、1967年第31回総選挙で党内派閥抗争のもつれから選挙違反を告発される。結局不起訴となったが、党に不信感を抱き同年5月に社会党を離党。無所属を経て、同年9月に自由民主党に入党して話題を呼んだ。

1970年代後半には全日本女子格闘技連盟初代コミッショナーとして女子キックボクシング及びボクシングのタイトルを認定。

自民党では福田派に所属し(福田赳夫幹事長時代である関係で、幹事長室によく顔を出していた。事務局員との雑談で「自民党は朝8時から本部でいろんな会議が開かれ、議員がよく勉強していることに驚いた」と述べた[3]。山口が離党した当時の社会党では、そのようなことがなかったことをうかがい知ることができる)、経済企画政務次官などを務めた。自民党に移ってからは当選・落選を繰り返し、1980年1983年の総選挙に続けて落選し政界を引退。通算当選13回。1980年には女性として世界で初めての国連平和賞を受賞、1987年には勲一等瑞宝章を受章。

2012年4月3日、腎不全のために死去[4]。94歳没。代表取締役を務める「山口シヅエガーデン」[5]が「故人の遺志により誕生日の10月31日まで公表を控える」としていた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「週刊朝日」 2012年11月2日号 20頁。
  2. ^ a b 山口シヅエさん死去(元衆院議員)時事ドットコム(2012年10月31日06:56配信記事(同年11月6日閲覧))[リンク切れ]
  3. ^ 奥島貞雄 『自民党幹事長室の30年』 中公文庫 ISBN 978-4122045934、44p
  4. ^ 山口シヅエさん死去 日本初の女性衆院議員 朝日新聞 2012年10月30日閲覧[リンク切れ]
  5. ^ 同社は没した本人を代表取締役に再任した旨の登記をしていることが、株を譲渡されたという人物の告発により発覚した。故山口氏の会社、死後も役員再任 虚偽の登記で刑事告発へ 共同通信2013年4月4日

外部リンク[編集]