天野公義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
天野 公義
生年月日 1921年3月2日
出生地 大日本帝国の旗 大日本帝国, 東京府北豊島郡
没年月日 (1990-07-29) 1990年7月29日(満69歳没)
死没地 日本の旗 日本, 東京都文京区
出身校 東京帝国大学 / 東京大学

内閣 三木内閣改造内閣
在任期間 1976年9月15日 - 1976年12月14日
テンプレートを表示

天野 公義(あまの きみよし、1921年3月2日1990年7月29日)は、日本の政治家自治大臣国家公安委員会委員長北海道開発庁長官などを歴任した。戦前に衆議院議員を務めた天野頼義立憲政友会所属)は父。

来歴・人物[ソースを編集]

東京府北豊島郡日暮里町(現在の東京都荒川区)生まれ。旧制府立高校を経て、東京帝国大学文学部に入学。在学中はア式蹴球部(サッカー部)に入部。1941年には同部の主将を務めて[1][2]関東大学リーグで優勝も経験した。また、倫理学科では和辻哲郎の門下生であった[3]

卒業後に同盟通信社の記者となったが、戦後の1946年1947年と総選挙に立候補して共に落選。吉田茂の首相秘書官の傍ら、東京大学法学部に在籍した[3]

1949年第24回衆議院議員総選挙民主自由党公認で東京6区(当時)から初当選(当選同期に佐藤栄作橋本龍伍小渕光平麻生太賀吉福永健司塚原俊郎藤枝泉介稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後当選11回だが、落選は7回。

保守合同後は宏池会池田勇人前尾繁三郎大平正芳鈴木善幸宮澤喜一派)に所属。文部、大蔵の各政務次官を経て、1976年三木内閣改造内閣で自治大臣兼国家公安委員会委員長兼北海道開発庁長官として初入閣するが、同年に行われた総選挙で、現職閣僚ながら落選した。1989年予算案の与党単独採決に抗議して河野洋平鯨岡兵輔らと共に本会議欠席。1990年の総選挙で落選後、政界を引退した。

1990年7月29日東京都文京区順天堂大学医学部附属順天堂医院で急性心不全により死去した[4]。1990年9月11日、自由民主党葬が青山葬儀所で行われた[5]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「三木改造内閣 新任閣僚の横顔」朝日新聞、1976年9月16日、2014年10月3日閲覧
  2. ^ 東大ア式蹴球部の歴史 (PDF) 」2014年10月3日閲覧
  3. ^ a b 「これだけはやりたい 主な候補者に聞く」朝日新聞、1990年2月8日、2014年10月3日閲覧
  4. ^ 「天野公義氏 死去」 朝日新聞、1990年7月30日、2014年10月3日閲覧
  5. ^ 「故天野公義氏の党葬」 読売新聞、1990年8月13日、2014年10月3日閲覧


名誉職
先代:
織田正信
最年少衆議院議員
1949年 - 1952年
次代:
辻原弘市