桜井新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜井 新(さくらい しん、1933年4月8日 - 2017年11月9日[1])は、日本政治家自由民主党所属の元参議院議員(1期)、元衆議院議員(6期)。

来歴・人物[編集]

新潟県南魚沼郡大和町(現南魚沼市)出身。新潟県立六日町高等学校併設中学校新潟県立新潟工業高等学校を経て早稲田大学第一理工学部卒業。早稲田大学在学中から田中角栄書生を務めた後に田中氏の後援会「越山会」の青年部長として活動した[2]。東京都から新潟県に帰郷して建設業を経営した[要出典]

1971年、新潟県議会議員に立候補。この時は自らの会社の従業員を党員登録して、支部大会を半ば乗っ取る格好で自民党の公認を獲得し、当選して2期務める[3]1979年、現職県会議員、越山会青年部長でありながら、衆議院旧新潟3区に無所属で立候補。田中角栄は立候補反対の意向であったが渋々認め、「(兄弟ながら同一選挙区で立候補をした)岸(信介)佐藤(栄作)の例を見ても兄弟でも他人だ。票はやらないがとにかく頑張れ」と言ったとされる。選挙結果は桜井が僅差で落選したが、それまで角栄が盤石の強さを見せていた魚沼では桜井が2600票も上回り、地殻変動が起きた。そして翌1980年、再度の立候補で初当選し、自民党に入党する。以後連続6期当選[4]

1994年6月、村山内閣環境庁長官として初めて入閣した。同年8月、環境庁長官として閣議後の会見において、「日本は侵略戦争をしようと思って戦ったのではない。日本だけが悪いという考え方で捉えるべきではない。アジアはそのお陰でヨーロッパ植民地支配からほとんどの国が独立した。教育の普及やインフラ整備にも努めた。」と発言した。発言当日に社会党内部に自社さ連立政権発足への反対勢力があり、発言を問題視した一部が桜井の辞任を強く要求し辞任に追い込まれた[5][6]

1998年、清和会を離脱し、亀井、平沼らと独立した派閥「亀井グループ」を旗揚げ[要出典]。翌年、江藤・亀井派の結成に参加する[要出典]2000年第42回衆議院議員総選挙で落選するが、翌2001年7月の第19回参議院議員通常選挙比例区より立候補し当選(218,597票)。

2005年8月8日郵政民営化法案の参議院本会議採決では反対票を投じたが、総選挙後の法案採決では賛成票を投じた。2007年第21回参議院議員通常選挙には立候補せず、政界より引退。2013年6月には亀井・村上正邦の呼びかけに呼応し、円卓会議の創立に参加した[7][8]

2007年11月、旭日大綬章授与[要出典]

2017年11月9日、肝臓がんのため新潟県南魚沼市の病院で死去。84歳没[1]

著作[編集]

  • 『輝く日本を目指して 美しいふるさとをつくろう』展転社、2002年11月。
  • 『甦れアジア、目覚めよ日本』展転社、1999年11月。
  • 『我が挑戦 都市と農村の蘇生のために』東洋経済新報社、1985年6月。

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 桜井新元環境庁長官死去 - 時事ドットコム 2017年11月10日
  2. ^ http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110014-n1.html
  3. ^ 佐木隆三『越山 田中角栄』
  4. ^ http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110014-n1.html
  5. ^ 日本経済新聞 1994年8月6日
  6. ^ http://www.sankei.com/life/news/171111/lif1711110014-n1.html
  7. ^ 石原氏、村山元首相、野中元官房長官…超ベテラン「円卓会議」 - MSN産経ニュース” (日本語). 石原氏、村山元首相、野中元官房長官…超ベテラン「円卓会議」. 産経デジタル (2013年6月30日). 2013年6月30日閲覧。
  8. ^ 青木英一 (2013年7月1日). “円卓会議:超党派政治家集結、仙谷氏が参加−−東京 /徳島- 毎日jp(毎日新聞)” (日本語). 円卓会議:超党派政治家集結、仙谷氏が参加−−東京 /徳島. 毎日新聞社. 2013年7月1日閲覧。

関連項目[編集]