柏原義則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏原 義則
かしはら よしのり
生年月日 (1900-02-25) 1900年2月25日
出生地 徳島県
没年月日 (1971-04-30) 1971年4月30日(71歳没)
出身校 京都帝国大学文学部
所属政党 自由党
称号 勲三等旭日中綬章

選挙区 徳島県全県区
当選回数 3回
在任期間 1946年 - 1952年
テンプレートを表示

柏原 義則(かしはら よしのり、1900年明治33年)2月25日 - 1971年昭和46年)4月30日)は、日本政治家衆議院議員[1]

文部政務次官第3次吉田内閣)を務めた。

経歴[編集]

徳島市幟町で生まれる。徳島県立徳島中学校第六高等学校卒業後、京都帝国大学文学部社会学科へ進学し卒業[2]

大学卒業後は奈良県天理市で中学校校長を務め、その後、徳島に戻り天理教徳島教区長・天理教名東大教会長を歴任した[2]

1946年昭和21年)、第22回衆議院議員総選挙で当選し、1952年(昭和27年)まで3期を務めた。1949年(昭和24年)には第3次吉田内閣で文部政務次官を務めた[2]

1970年(昭和45年)、勲三等旭日中綬章を受章。1971年(昭和46年)4月30日、天理市で没する[2]

脚注[編集]

  1. ^ 柏原義則 | 衆議院議員 | 国会議員白書
  2. ^ a b c d 『阿波人物志』p65

参考文献[編集]

  • 『阿波人物志』原田印刷出版、 1973年。