岩浅嘉仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩浅 嘉仁
いわさ よしひと
生年月日 (1954-11-03) 1954年11月3日(65歳)
出生地 日本の旗 徳島県阿南市
出身校 早稲田大学社会科学部
所属政党新生党→)
新進党→)
自由党→)
無所属

Flag of Anan, Tokushima.png 第13・14・15・16代 徳島県阿南市長
当選回数 4回
在任期間 2003年12月7日 - 2019年12月6日

選挙区徳島県全県区→)
徳島3区
当選回数 2回
在任期間 1993年 - 2000年
テンプレートを表示

岩浅 嘉仁(いわさ よしひと、1954年昭和29年)11月3日 ‐ )は、日本政治家徳島県阿南市長(4期)。元衆議院議員(2期)。

概要[編集]

徳島県出身。徳島県立富岡西高等学校早稲田大学社会科学部卒業。大学時代は「歴史文学浪漫の会」というサークルで活動し、後輩にのちに作家となる火坂雅志がいた。

1993年第40回衆議院議員総選挙に当時結党間もない新生党公認で徳島県全県区から出馬し、初当選を果たした。新生党解党に伴い、1994年新進党結党に参加。1996年第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い徳島県第3区から新進党公認で出馬。自由民主党公認の三木申三徳島県知事を破り、再選。1998年、新進党解党により自由党結党に参加。2000年第42回衆議院議員総選挙には自由党公認で徳島3区から出馬したが、自由民主党新人の後藤田正純に敗れ、落選した。

2003年11月、阿南市長選挙に無所属で出馬し、当選。2007年2011年の市長選挙でも無投票で再選を果たした。2015年の市長選挙でも再選を果たした。

2007年、6月議会にて自ら制定した「市長の在任期間に関する条例案」(市長多選自粛条例)を提出。全会一致で可決。岩浅嘉仁市長は「多選制限は政治活動を始めた時からの信条」とし、自身に限って任期を3期12年までとした。[1]

しかし、2015年6月に4期目を目指すことを明言。[2]自ら制定した連続3期限度の多選自粛条例を廃止して2015年11月に4期目の当選を果たす。[3]

選挙結果[編集]

2011年阿南市長選挙[編集]

2011年(平成23年)11月20日執行の市長選に立候補し、無投票当選。3選を果たした。12月7日、3期目就任。

※当日有権者数:63,325人 最終投票率:%(前回比:%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
岩浅嘉仁57無所属%
%

2015年阿南市長選挙[編集]

2015年(平成27年)11月22日執行の市長選に立候補し、元市議の福島民雄を破り、4選を果たした[4]。12月7日、4期目就任。

※当日有権者数:61,614人 最終投票率:52.27%(前回比:-16.99%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
岩浅嘉仁61無所属18,673票58.98%
福島民雄65無所属12,988票41.02%

2019年阿南市長選挙[編集]

2019年(令和元年)11月10日執行の市長選に立候補し、元市議の表原立磨に破れて落選。5選を逃した[5] [6]

※当日有権者数:61,212人 最終投票率:52.94%(前回比:+0.67%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
表原立磨44無所属16,644票51.95%
岩浅嘉仁65無所属15,392票48.05%

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 徳島県阿南市の議会が市長の3期制限条例を廃止した件” (日本語). にゅーすに毎日思うこと. 2019年11月4日閲覧。
  2. ^ 多選自粛条例ほご 議会の監視機能強化を|社説|徳島新聞” (日本語). 徳島新聞Web. 2019年11月4日閲覧。
  3. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年7月31日). “多選歓迎? 4選以上の首長急増 言行不一致、統一地方選にも欲…自粛条例は曲がり角” (日本語). 産経ニュース. 2019年11月4日閲覧。
  4. ^ “阿南市長に岩浅氏4選 多選批判退け5685票差”. 徳島新聞. (2015年11月23日). https://www.topics.or.jp/articles/-/7704 2019年11月8日閲覧。 
  5. ^ “【速報】阿南市長に44歳新人・表原氏当選”. 徳島新聞. (2019年11月10日). https://www.topics.or.jp/articles/-/282271 2019年11月11日閲覧。 
  6. ^ “阿南市長に44歳新人・表原氏 5選目指した岩浅氏破る”. 徳島新聞. (2019年11月11日). https://www.topics.or.jp/articles/-/282281 2019年11月11日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
野村靖
Flag of Anan, Tokushima.png 阿南市長
第13-14-15-16代:2003年 - 2019年
次代:
表原立磨