西村直己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
西村直己
にしむら なおみ
生年月日 1905年10月8日
出生地 東京府
没年月日 (1980-07-28) 1980年7月28日(満74歳没)
出身校 東京帝国大学法学部(現・東京大学
前職 高知県知事
所属政党 民主自由党→)
自由党→)
自由民主党

日本の旗 第27代 防衛庁長官
内閣 第3次佐藤内閣改造内閣
在任期間 1971年8月2日 - 1971年12月3日

日本の旗 第39代 農林大臣
内閣 第2次佐藤内閣第1次改造内閣
在任期間 1968年2月3日 - 1968年11月30日

日本の旗 第13代 防衛庁長官
内閣 第2次池田内閣
在任期間 1960年12月8日 - 1961年7月18日

選挙区 静岡県第1区
当選回数 10回
在任期間 1949年1月24日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

西村 直己(にしむら なおみ、1905年10月8日 - 1980年7月28日)は、戦後昭和期の政治家。衆議院議員

来歴・人物[編集]

東京府出身。東京府立第四中学校旧制第一高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業後、内務省に入省。官選の高知県知事などを経て、1949年の衆議院議員選挙に静岡1区(中選挙区)から出馬し初当選。連続10回当選。1960年第2次池田内閣防衛庁長官として初入閣。

自由民主党政務調査会長農林大臣など要職を歴任した後、1971年全日空機雫石衝突事故増原恵吉防衛庁長官が引責辞任した後を受けて入閣したが、記者会見で「国連は田舎の信用組合みたいなもの」「中共が国連入ってくればますます悪くなるかもしれない」「モルジブは土人国だ。あんなのだって票を持っている。」と発言したため「国連軽視・発展途上国蔑視」との批判を浴び、辞任に追い込まれた[1]

著書[編集]

  • 『モスクワの異風客』産業経済新聞社 1954年。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』(東京本社発行)1971年12月4日、朝刊1頁。


議会
先代:
小川半次
日本の旗 衆議院予算委員長
1960年
次代:
船田中
先代:
薩摩雄次
日本の旗 衆議院建設委員長
1957年 - 1958年
次代:
堀川恭平
公職
先代:
江崎真澄
増原恵吉
日本の旗 防衛庁長官
第13代:1960年 - 1961年
第27代:1971年
次代:
藤枝泉介
江崎真澄
先代:
倉石忠雄
日本の旗 農林大臣
第39代:1968年
次代:
長谷川四郎
党職
先代:
水田三喜男
自由民主党政務調査会長
第15代:1966年 - 1967年
次代:
大平正芳