福永一臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福永 一臣(ふくなが かずおみ、1907年明治40年)5月11日 - 1982年昭和57年)8月30日 )は日本の政治家実業家。衆議院議員(自由民主党所属、熊本県第2区、当選11回)[1]。旭商事社長[2]

人物[編集]

熊本県球磨郡木上村・伝作の長男[2]1933年東京外国語学校西語部貿易科を卒業した[3]1947年、衆議院議員に当選した[4]1979年、政界から引退した[1]。宗教は仏教[4]。趣味は旅行[4]

略歴[編集]

家族・親族[編集]

福永家

熊本県球磨郡木上村(現錦町)、東京都[2]

1925年 - 2004年
美津子によれば、福永との結婚は福田赳夫との出会いがきっかけとなったという。毎日新聞社に勤務していた美津子の弟が政治部の記者として福田についていた[5]。福田が通訳をさがしていて弟を通じて美津子に頼んだ[5]。それで福田を知った[5]。福田が「福永さんが奥さんを亡くして英語の出来るような人を捜してるからどうか」と述べたという[5]
1939年 -
親戚

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 福永 一臣とはコトバンク。2016年11月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 『人事興信録 第15版下』フ9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月9日閲覧。
  3. ^ a b 『東京外国語学校一覧 昭和12年度』267頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年11月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』ふ736頁。
  5. ^ a b c d 「斎藤(福永)美津子先生退任記念座談会」社会科学ジャーナル30(3)(1992)、pp225-226。

参考文献[編集]

  • 『東京外国語学校一覧 昭和12年度』東京外国語学校、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版下』人事興信所、1948年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。