田村元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田村 元
たむら はじめ
Hajime Tamura's Portrait in a monument.jpg
答志島の桃取港修築記念碑に刻まれた田村元
生年月日 1924年5月9日
出生地 三重県松阪市
没年月日 (2014-11-01) 2014年11月1日(90歳没)
出身校 慶應義塾大学
所属政党自由党→)
自由民主党
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
三重県松阪市名誉市民
親族 父・田村秢

日本の旗 第66代 衆議院議長
在任期間 1989年6月2日 - 1990年1月24日

日本の旗 第48-49代 通商産業大臣
内閣 第3次中曽根内閣
竹下内閣
在任期間 1986年7月22日 - 1988年12月27日

日本の旗 第48代 運輸大臣
内閣 福田赳夫内閣
在任期間 1976年12月14日 - 1977年11月28日

日本の旗 第33代 労働大臣
内閣 第1次田中角栄内閣
在任期間 1972年7月7日 - 1972年12月22日

選挙区 三重県第2区
当選回数 14回
在任期間 1955年2月28日 - 1996年9月27日
テンプレートを表示

田村 元(たむら はじめ、1924年5月9日 - 2014年11月1日)は、日本政治家衆議院議員、第66代衆議院議長労働大臣運輸大臣通商産業大臣自由民主党国会対策委員長を歴任。ZTV代表取締役社長田村憲司は弟。衆議院議員田村憲久は甥。

来歴・人物[編集]

三重県松阪市に生まれる。父親の田村秢は、弁護士出身で三重県会議員を経て、1942年昭和17年)の翼賛選挙衆議院議員に当選した[1][2]

旧制三重県立宇治山田中学校を経て、1950年(昭和25年)に慶應義塾大学法学部卒業[3]中外炉工業[3]三重交通勤務と中学校代用教員を経て、参議院議員前田壌の秘書となる[4]1953年衆議院三重2区(当時)から立候補するが落選。1955年(昭和30年)の衆議院議員総選挙に再度立候補し、当時最年少の30歳で当選した(当選同期に愛知揆一椎名悦三郎唐沢俊樹高村坂彦渡海元三郎丹羽兵助など)。

当初は大野伴睦派に所属し、自由党と日本民主党の保守合同の際には裏方として活動し、自由民主党が結党されると青年部長に就任。1960年(昭和35年)に建設政務次官[3]1962年(昭和37年)に労働政務次官を務めた[3]

1964年(昭和39年)6月に大野が死去。その後派閥は村上勇派と船田中派に分裂し、田村は村上派に所属する。1972年(昭和47年)の佐藤栄作引退を受けての自由民主党総裁選挙では村上派を引き継いだ水田三喜男派をまとめ、田中角栄を支持し、第1次田中角栄内閣労働大臣として初入閣した。労相在任中に田中首相と労働界首脳の間の接着剤として会議を設けたり、週休二日制や定年の延長などの問題に取り組んだ。

福田赳夫内閣では運輸大臣を務め[3]1977年に新東京国際空港(現・成田国際空港)年内開港を打ち出した福田赳夫の意向を受け、地元との調整などに尽力した(→成田空港問題)。目途がついた11月28日に、成田空港の開港日を1978年3月30日とする運輸省告示を出した後、その日行われた内閣改造福永健司と運輸大臣を交代する(年内開港は様々な事情により実現できなかったが、年度内開港には漕ぎつけられた。しかし、開港予定日の4日前に成田空港管制塔占拠事件が発生してしまい、実際の開港日は1978年5月20日となった)[5]

水田派から江崎真澄らと田中派入りするが、直後にロッキード事件で田中が逮捕された時は、思わず「しまった!」との声を上げたと言われる。当初、二階堂進の側近を任じるも、次第に距離を置くようになり、派内で「田村グループ」を形成する。1982年に退陣表明した鈴木善幸首相の後継総裁選びでは鈴木、福田、二階堂による会談が行き詰まる中、無関係な国会対策委員長の田村が「中曽根総理・福田総裁」案を提示したが、これを拒否した中曽根が予備選で勝利。後に田村は「福田総裁なんてとんでもない、と思った角さん(田中角栄)が中曽根さんに『絶対に受けるな』と言って、中曽根さんが蹴ったというのが内幕だ」と明かしている[6]

田中は自分の派閥から竹下が独立したのを気に入らず、自分の派閥を田村に継がせて対抗させようと田村に打診したが、田中は返事をもらう前に脳梗塞で倒れたためこの話は立ち消えた[要出典]。田中が脳梗塞で倒れたあと、奥田敬和と共に中間派をまとめ竹下派に合流した[7]第3次中曽根内閣通商産業大臣に就任[3]。続く竹下内閣でも留任した[3]。竹下内閣総辞職後、総理の要請を受けるが断り、1989年平成元年)6月2日、予算案強行採決を巡る国会混乱の引責で原健三郎衆議院議長、多賀谷真稔副議長が辞任したことで、後任の衆議院議長に選出される。消費税導入に伴う衆議院の解散による第39回衆議院議員総選挙後、議長職は桜内義雄に回り、自民党最高顧問となる。1994年(平成6年)、死刑廃止を推進する議員連盟の初代会長に就任する。1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には「自分は旧三重2区の人々に支持されてきたのであり、次の選挙で(今までの支持者を半分に)分けることは出来ない」と小選挙区制になることを嫌って[要出典]出馬せず、政界を引退。甥の田村憲久が地盤を継承した。連続当選14回(中選挙区制でのトップ当選連続13回は三木武夫と並び最高記録)。2004年(平成16年)に松阪市名誉市民に選ばれる。議員引退後は元国会議員で構成される前議員会の会長に選ばれ、長きに渡り会長を務めていた[要出典]

2014年(平成26年)11月1日、老衰のため死去[8][9]。90歳没。没後に従二位に叙され[10]、衆議院より弔詞が捧呈された[11]

エピソード[編集]

  • 親しい者からは「タムゲン」と呼ばれていた[12]
  • 自由党と日本民主党との合同の打ち合わせを、大野伴睦の命令で三木武吉などと交渉。自民党になる秘密会合を開く際は、両党の党首が同じ料亭で会っているのがマスコミにバレないよう、前後に建つ別々の料亭に入ってもらい、両境の塀を「あとできちんと弁償するから」と自らノコギリで壊し、表で待つ新聞記者に分からないように秘密の通路を作った[13]
  • 運輸大臣として、千葉港と成田空港を結ぶ航空燃料パイプライン敷設を差し止めていた荒木和成千葉市長に「おそらく人口急増に悩む千葉市長として、あなたの頭の中は"あれもやりたい、これもやりたい"ということが、渦のように駆け巡っているでしょう。それを一人の頭の中に入れておかないで、全部さらけ出してくださいよ。田村元と佐藤文生が、なにがなんでも協力しますから。十年先、二十年先の千葉市を、三人でつくりあげましょうや」と語りかけ、話し合いを続けた結果、問題解決(開港直後は鉄道を併用した暫定輸送、後に本格パイプラインの稼働)の道筋をつけた。田村は新聞のインタビューで「成田で勉強した最大のものは、国家権力を背景に押しつけてもなにもできない。地元と、そのプロジェクトのプラス、マイナスをとことん話しあってみなければならないということだなあ」と語っている[12]
  • 上述のとおり精力的に成田空港問題に取り組んでいた田村であったが、「どうもこの秋の内閣改造で首(運輸相ポスト)がチョンになりそうだ。一年任期の大臣では腰を据えてしみじみ仕事ができない」と嘆いていた[14]
  • 三重県鳥羽市神島や答志島では田村への感謝から島民がお金を出し合って田村の像を島に建てた。
  • ホトトギス』平成25年3月号に、稲畑汀子による選句が掲載された[15]
  • 田中角栄から金を受け取らなかったのは金丸、竹下、田村の3人だった。「だから(田中に)警戒された」と田中派幹部に言われた[16]

家族・親族[編集]

田村家

三重県松阪市垣鼻町[1]、同市茶与町[3]、東京都渋谷区松濤[3]

  • 父・(弁護士、政治家)[1][2]
1894年 - 1991年
  • 弟・憲司[1]ZTV代表取締役社長)
1931年 -
  • [1]
  • 甥・憲久(政治家)

選挙歴[編集]

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第26回衆議院議員総選挙 1953年4月19日 三重県第2区 無所属 22,630 8.6 7/9 - -
第27回衆議院議員総選挙 1955年2月27日 三重県第2区 自由党 36,818 13.3 3/10 - -
第28回衆議院議員総選挙 1958年5月22日 三重県第2区 自由民主党 65,758 22.6 1/10 - -
第29回衆議院議員総選挙 1960年11月20日 三重県第2区 自由民主党 87,461 32.1 1/7 - -
第30回衆議院議員総選挙 1963年11月21日 三重県第2区 自由民主党 75,340 25.6 1/9 - -
第31回衆議院議員総選挙 1967年1月29日 三重県第2区 自由民主党 75,308 24.5 1/9 - -
第32回衆議院議員総選挙 1969年12月27日 三重県第2区 自由民主党 83,953 26.6 1/6 - -
第33回衆議院議員総選挙 1972年12月10日 三重県第2区 自由民主党 112,343 37.6 1/5 - -
第34回衆議院議員総選挙 1976年12月5日 三重県第2区 自由民主党 91,022 30.0 1/5 - -
第35回衆議院議員総選挙 1979年10月7日 三重県第2区 自由民主党 105,850 34.7 1/5 - -
第36回衆議院議員総選挙 1980年6月22日 三重県第2区 自由民主党 102,876 32.2 1/5 - -
第37回衆議院議員総選挙 1983年12月18日 三重県第2区 自由民主党 79,584 25.2 1/7 - -
第38回衆議院議員総選挙 1986年7月6日 三重県第2区 自由民主党 104,966 32.6 1/5 - -
第39回衆議院議員総選挙 1990年2月18日 三重県第2区 自由民主党 81,446 23.8 1/6 - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年7月18日 三重県第2区 自由民主党 91,200 27.7 1/5 - -
当選回数14回 (衆議院議員14)

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『政治家の正体』 講談社、1994年6月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 下』タ78頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月6日閲覧。
  2. ^ a b 『翼賛議員銘鑑』237頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年9月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 『政治家人名事典』333-334頁。
  4. ^ 『日本政治史に残る三重県選出国会議員』の220ページの記述。(著者)廣新二。出版年は1985年(昭和60年)三重県選出の自由民主党議員の「田村元」の項目。
  5. ^ 原口和久『成田空港365日』崙書房、2000年、244頁。
  6. ^ 田村元衆院議長死去 政変で光った策士「タムゲン」東京新聞 2014年11月4日
  7. ^ “田中角栄に反旗、竹下派旗揚げ 「政界のドン」金丸信(5)”. 日本経済新聞. (2011年8月28日). http://www.nikkei.com/news/print-article/%3FR_FLG%3D0%26bf%3D0%26ng%3DDGXNASFK1902K_V20C11A8000000%26uah%3DDF270720112232 2017年3月19日閲覧。 
  8. ^ 元衆院議長の田村元氏死去 当選14回「政界仕掛け人」 朝日新聞 2014年11月4日閲覧
  9. ^ 「タムゲン」の愛称…元衆院議長の田村元氏死去 読売新聞 2014年11月4日
  10. ^ 故田村元・元衆院議長に従二位 ウォール・ストリート・ジャーナル ジャパン 2014年11月18日閲覧
  11. ^ 平成26年11月18日 本会議議事録 衆議院
  12. ^ a b 佐藤文生 (1978). はるかなる三里塚. 講談社. pp. 191-195. 
  13. ^ 『政治家の正体』 [要ページ番号]
  14. ^ 小川国彦『心は野にありて―回想録』朝日新聞社出版局、2004年、105頁。
  15. ^ 正論』 2013年5月号 330ページ
  16. ^ 読売新聞 2014年11月5日

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』人事興信所、1943年。
  • 『政治家人名事典』日外アソシエーツ、1990年。

関連人物[編集]

  • 田村憲久:自民党衆議院議員で甥。元厚生労働大臣
  • 梅川文男:元の家庭教師をしていた。同じ中学の先輩にあたる。1957年に第6代松阪市長となる。
  • 盛山正仁:自民党衆議院議員で娘婿。元法務大臣政務官。


議会
先代:
原健三郎
日本の旗 衆議院議長
第66代:1989年 - 1990年
次代:
櫻内義雄
先代:
竹下登
日本の旗 衆議院予算委員長
1979年 - 1980年
次代:
小山長規
先代:
内田常雄
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1968年
次代:
田中正巳
先代:
森山欽司
日本の旗 衆議院建設委員長
1966年
次代:
森下國雄
公職
先代:
渡辺美智雄
日本の旗 通商産業大臣
第48・49代:1986年 - 1988年
次代:
三塚博
先代:
石田博英
日本の旗 運輸大臣
第48代:1976年 - 1977年
次代:
福永健司
先代:
塚原俊郎
日本の旗 労働大臣
第33代:1972年
次代:
加藤常太郎
党職
先代:
田沢吉郎
自由民主党国会対策委員長
第26代:1981年 - 1982年
次代:
小此木彦三郎
その他の役職
先代:
斎藤昇
三重県遺族会会長
第6代:1972年 - 2000年
次代:
谷嘉昭