森下元晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森下元晴
もりした もとはる
生年月日 (1922-04-12) 1922年4月12日
出生地 徳島県海部郡海陽町
没年月日 (2014-03-11) 2014年3月11日(91歳没)
出身校 東京高等農林学校(現東京農工大学
所属政党 自由民主党
称号 従三位(従七位より進階)

日本の旗 第62代 厚生大臣
内閣 鈴木善幸内閣改造内閣
在任期間 1981年11月30日 - 1982年11月27日

選挙区 徳島県全県区
当選回数 8回
在任期間 1963年11月22日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

森下 元晴(もりした もとはる、1922年4月12日 - 2014年3月11日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員

来歴・人物[編集]

徳島県海部郡海陽町出身。実家は先祖代々の林業家であり、自身も林業経営に携わった[1]東京高等農林学校(現東京農工大学)卒業。1963年の衆院選に旧徳島県全県区から出馬し初当選(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄佐藤孝行藤尾正行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮など)。通算当選回数8回。

自民党内では河野一郎中曽根康弘派に属し、1981年に発足した鈴木善幸改造内閣厚生大臣として初入閣。その後は自民党国会対策委員長、中曽根派事務総長などを務めた。1990年に政界引退。

政界引退後の2008年には、『杜のいのち、自然の摂理を(多くの人たちに)知って欲しい』という願いから森下家が所有していた森林を徳島県に寄付した[1]

2014年3月11日、老衰のため死去[2]。91歳没。没後、従七位から従三位に進階追叙された[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 杜の恩恵伝えたい - 樹齢100年以上の森林を県に寄贈した元厚生大臣 森下元晴さん86 読売新聞徳島県版『人ひと徳島』2008年4月26日閲覧
  2. ^ 訃報:森下元晴さん91歳=元自民党衆院議員、元厚相 毎日新聞 2014年3月12日閲覧
  3. ^ 『官報』第6265号(平成26年4月8日付)11頁


議会
先代:
木野晴夫
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1978年 - 1979年
次代:
葉梨信行
公職
先代:
村山達雄
日本の旗 厚生大臣
第62代:1981年 - 1982年
次代:
林義郎
党職
先代:
江藤隆美
自由民主党国会対策委員長
第29代 : 1984年
次代:
江藤隆美