稲村利幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

稲村 利幸(いなむら としゆき、1935年10月29日 - )は、日本政治家20世紀後半期の自由民主党衆議院議員(8期)。

経歴[編集]

政歴[編集]

巨額脱税事件[編集]

  • 1987年6月頃から、仕手筋集団「光進」による国際航業株買い占め、乗っ取り攻防が発生(光進事件)。当時の金融緩和政策を背景に、国際航業元役員らの株価急騰に便乗した株売買、不正融資、売却益の脱税が行われる。当時環境庁長官だった稲村も仕手戦に参入。長官室や公用車の電話を使い、年間三百数十回もの株式投資、株売買を繰り返す。「光進」は一時国際航業の経営権を握る。稲村は「光進」から仕手情報を入手し、値上がり確実な状況で国際航業株を「光進」と相対取引、税金の還付請求も行い、総額約28億円の利益を得た。
  • 1990年 株取引で得た利益約28億円の所得を隠し、17億円を脱税した容疑で東京地検特捜部の取調べを受ける。
  • 1990年12月 在宅のまま起訴される。
  • 1991年1月 議員辞職。
  • 1997年7月4日 最高裁判所上告審懲役3年、罰金3億円の有罪が確定。
  • 現在 既に刑期を終え出所している。政界には関わっていない。

著書[編集]

  • 『熱き涙節度ある自由 一議員の体験的人生論』 1983年1月 新財経研究会

関連項目[編集]

議会
先代:
唐沢俊二郎
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1982年 - 1983年
次代:
有馬元治
先代:
北側義一
日本の旗 衆議院建設委員長
1980年 - 1981年
次代:
村田敬次郎
公職
先代:
森美秀
日本の旗 環境庁長官
第18代:1986年 - 1987年
次代:
堀内俊夫