田口長治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田口 長治郎(たぐち ちょうじろう、1893年6月10日[1] - 1979年5月4日[2])は、日本政治家参議院議員(1期)。衆議院議員(7期)。勲二等旭日重光章1965年[3]

来歴・人物[編集]

長崎県島原市に生まれる。長崎県立島原中学校を経て、農林省水産講習所(後に東京水産大学を経て現東京海洋大学)本科卒業[1][2]。長崎県、山形滋賀茨城各県の水産試験場勤務[1][2]1937年農林省水産局に入る。1941年、華中水産株式会社に転職し、取締役副社長となる[1][2]。戦後は長崎で共和水産株式会社を設立して社長になる[1][2]。また、日本遠洋底引網漁業協会理事長、長崎県水産振興対策本部副本部長、県漁港協会会長に就任した[1]

1949年第24回衆議院議員総選挙長崎1区に民主自由党から出馬し、初当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎木村俊夫藤枝泉介稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後7期連続当選。1958年、衆議院海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員長[4][2]。1960年7月、第1次池田内閣農林政務次官[2]1967年第31回衆議院議員総選挙で落選。

1968年第8回参議院議員通常選挙全国区当選。1974年の参院選には出馬せず、政界引退。

1979年5月4日、死去。同年5月16日、長崎市名誉市民。

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 『大衆人事録』第19版、東京篇、帝国秘密探偵社、466頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』351頁。
  3. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』358頁。
  4. ^ 衆議院会議録情報 第029回国会 海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員会 第1号
  5. ^ 田口長治郎
  6. ^ 山田正彦プロフィール

参考文献[編集]

  • 『大衆人事録』第19版、東京篇、帝国秘密探偵社、1956年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
議会
先代:
西村尚治
日本の旗 参議院内閣委員長
1971年
次代:
柳田桃太郎
先代:
秋田大助
日本の旗 衆議院社会労働委員長
1963年 - 1965年
次代:
松沢雄蔵
先代:
福永一臣
日本の旗 衆議院水産委員長
1953年 - 1954年
次代:
田淵光一
先代:
中川俊思
日本の旗 衆議院海外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査特別委員長 次代:
廃止