細川嘉六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 嘉六(ほそかわ かろく、1888年9月27日 - 1962年12月2日)は、日本ジャーナリスト政治学者日本共産党参議院議員

経歴・人物[編集]

富山県下新川郡泊町泊(現朝日町)出身。小学校の代用教員を経て、東京帝国大学小野塚喜平次を頼って上京。新聞配達をしながら錦城中学校に通い、第一高等学校を経て1917年東京帝大法学部政治学科を卒業。小野塚の紹介で住友総本社 に入るも、ジャーナリストの夢捨て難く読売新聞社に入社。

さらに1919年高野岩三郎の紹介で東京帝大経済学部助手となり、高野が大原社会問題研究所設立に伴い所長として招かれると細川も大原社研入りする。

大原社研では1925年から1926年にかけてドイツフランスイギリスソ連に留学し、ソ連で片山潜の知遇を得る(この時片山から米騒動の研究を薦められ、帰国後に米騒動の資料収集と研究を始める)。また大阪朝日新聞記者の尾崎秀実立憲民政党衆議院議員だった風見章とも知己となり、その後協力して「支那研究室」を運営してもいる。

しかしながら、こうした交友関係は官憲から左翼的・共産主義的と見られることも多く、1933年には共産党シンパ事件の余波で治安維持法違反容疑で検挙、1941年にもゾルゲ事件に絡んで検挙されている。1942年には『改造』誌上に「世界史の動向と日本」を発表、この論旨を巡って陸軍報道部に摘発され、細川は元よりかねてより交際のあった『改造』『中央公論』の編集者や研究者が逮捕された(横浜事件)。

終戦後の1945年9月4日に保釈、9月10日に横浜事件に関して免訴となる(なお同年11月、細川が中心的よぴかけ人となって横浜事件の被害者33名が共同で神奈川県特高を特別公務員暴行傷害罪として告発、1952年4月に最高裁判所で特高警官3名に有罪判決が下った)。

1947年4月の第1回参議院議員通常選挙で日本共産党公認で全国区から出馬、当選して初代の党国会議員団長となる。1950年第2回参議院議員通常選挙でも当選するが、1951年9月に占領政策に反したとして逮捕される。不起訴処分となったが、公職追放レッドパージ)を受けた。

同年、風見章の後援を得て「アジア問題研究所」を設立し主宰、また別に「国際事情研究会」(のちにジャパン・プレス・サービス社)を創立。

日中友好協会の設立にも尽力し、日中の国交回復に後半生を捧げた。また、大内兵衛とともに、大月書店版の『マルクス=エンゲルス全集』の監訳者としてマルクスの文献の普及に努めた。

1962年、急性肺炎のため死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)25頁