石原円吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石原 円吉(石原 圓吉、いしはら えんきち、1877年明治10年)12月[1] - 1973年昭和48年)2月2日[1])は、日本の漁業関係者、政治家実業家衆議院議員三重県志摩郡和具町長。初名・彦四郎[2]

経歴[編集]

三重県英虞郡和具村(現志摩市志摩町和具)で、先代・石原円吉の長男として生まれる[2][3]1919年、家督を相続し円吉を襲名[2]

三重県会議員、同議長、和具町長を務め、水産振興、漁港整備などに尽力[1][4]。また、三重県水産会長、三重沃土取締役社長、石原満俺取締役社長、三重県鮮魚運搬統制組合理事長、ラジオ三重監査役、三重交通取締役、志摩観光ホテル取締役、全国漁業協同組合連合会監事、三重県漁業協同組合連合会長、伊勢志摩国立公園協会長などを務めた[1]

1933年頃から国政選挙への立候補を願っていたが[5]1946年4月、第22回衆議院議員総選挙おいて三重県選挙区で日本自由党から出馬して念願の初当選を果たし、その後、第24回総選挙まで三回連続当選した[1]。この間、日本自由党総務、民主自由党水産対策委員長、衆議院水産委員長などを歴任[1]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 – 衆議院議員名鑑』65頁。
  2. ^ a b c 『人事興信録』第13版 上、イ172頁。
  3. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』48頁。
  4. ^ 『三重政界の闘将たち』68頁。
  5. ^ 『三重政界の闘将たち』69頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 川崎秀二『三重政界の闘将たち』内外政局研究会、1974年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 上、1941年。