占部秀男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

占部 秀男(うらべ ひでお、1909年明治42年)2月11日[1][注 1] - 1978年昭和53年)10月13日[2][3])は、昭和期の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

神奈川県出身[2][3]。1929年(昭和4年)日本大学商科を卒業した[2][3]

1929年、東京毎夕新聞社に入社[3]。その後、東京都主事に転じた[3]。労働運動に加わり、東京都職員労働組合委員長(7期)、全日本自治団体労働組合(自治労)委員長(5期)、官公労議長などを務めた[2][3]。自治労政治部長、同東京都本部地方選挙対策委員長として、美濃部亮吉革新知事の実現に尽力した[2]

1947年(昭和22年)4月の第1回参議院議員通常選挙全国区日本社会党公認で出馬して落選[4]。1953年(昭和28年)4月の第3回通常選挙で全国区に左派社会党公認で出馬して落選[5]。1956年(昭和31年)7月の第4回通常選挙に全国区から社会党推薦で出馬して初当選[6]。以後、第6回通常選挙(全国区)、1968年(昭和43年)7月の第8回通常選挙東京都地方区)でも再選され[7]、参議院議員に連続3期在任した[2][3]。この間、参議院逓信委員長、同公害対策特別委員長、社会党中央執行委員、同東京都本部委員長、参議院社会党副委員長などを務めた[2][3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』258頁、『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』93頁では「7月」。

出典[編集]

  1. ^ 『日本人事録 第6版 全国篇』158頁。
  2. ^ a b c d e f g 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』93頁。
  3. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』258頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』539頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』544頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』546頁。
  7. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』442、548頁。

参考文献[編集]

  • 『日本人事録 第6版 全国篇』中央探偵社、1963年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。
議会
先代:
光村甚助
日本の旗 参議院逓信委員長 次代:
田中一