白波瀬米吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

白波瀬 米吉(しらはせ よねきち、1887年明治20年)4月11日[1] - 1986年昭和61年)11月13日[1][2])は、大正から昭和期の実業家政治家参議院議員

経歴[編集]

京都府出身[1][2]京都法政大学(現立命館大学)を修了した[2][注 1]

1914年(大正3年)京都府農業技手となる[2]。以後、郡是製糸(現グンゼ)取締役、日本蚕糸統制常務理事、日本中央蚕糸会議員、日本蚕糸製造取締役、蚕糸調査会臨時委員、農林省生糸問屋審査会委員、日本セルローズ工業取締役、日本殖産興業取締役、岐阜紡績社長などを務めた[2]

1950年(昭和25年)6月の第2回参議院議員通常選挙全国区自由党公認で出馬して当選し[3]、参議院議員に1期在任した[1][2]。この間、自由党総務、参議院自由党副会長、参議院両院法規委員長、第3次鳩山一郎内閣北海道開発政務次官などを務めた[2]。1956年(昭和31年)7月の第4回通常選挙で全国区に自由民主党公認で立候補したが落選した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』314頁では立命大卒。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』314頁。
  2. ^ a b c d e f g 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』330頁。
  3. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』540頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』546頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。