雨森常夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

雨森 常夫(あめもり[1][2] / あまもり[3] つねお、1903年明治36年[注釈 1])6月22日[1] - 1970年昭和45年)12月12日[2])は、昭和期の農林技官政治家参議院議員

経歴[編集]

福井県[注釈 2]で雨森元成の三男として生まれる[1]。1926年(大正15年)東京帝国大学農学部農業土木科を卒業した[1][2]

1926年、農林省嘱託となる[2]。その後、農林技師、京都府農林技師、静岡県農林技師、高知県耕地課長、栃木県耕地課長、農地開発営団企画部調査課長、同東京事務所長、経済安定本部建設局次長、農林省農地局建設部長、京都農地事務局長などを歴任した[1][2]

1953年(昭和28年)4月、第3回参議院議員通常選挙全国区から自由党公認で出馬して当選し[1][4]、その後、自由民主党に所属し参議院議員に1期在任した[2]

1970年12月、食道癌のため東京都新宿区慶應義塾大学病院で死去した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』238頁では明治37年。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』238頁では本籍東京都。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『人事興信録 第20版 上』あ85頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』238頁。
  3. ^ a b 『ドキュメント人と業績大事典 第1巻』227頁(『朝日新聞』1970年12月13日)。
  4. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』543頁。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第20版 上』人事興信所、1959年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • ドキュメント人と業績大事典編集委員会編『ドキュメント人と業績大事典 第1巻』ナダ出版センター、1999年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。