経済安定本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の行政官庁
経済安定本部
けいざいあんていほんぶ
Go-shichi no kiri crest.svg
役職
総裁 吉田茂[註釈 1]
総務長官 周東英雄[註釈 1]
政務次官 福田篤泰[註釈 1]
副長官 (空席)[註釈 1][註釈 2]
組織
内部部局 総裁官房、産業局、民生局、財政金融局、貿易局、建設交通局、物価局[註釈 1]
附属機関 経済復興計画審議会、資源調査会、物資需給調整審議会、通貨発行審議会、企業会計基準審議会、国民所得調査連絡協議会、国土調査審議会、米価審議会[註釈 1]
地方支分部局 地方経済安定局[註釈 1]
外局 経済調査庁外資委員会[註釈 1]
概要
設置 1946年8月12日
廃止 1952年7月31日
後身 経済審議庁
テンプレートを表示

経済安定本部(けいざいあんていほんぶ、英語Headquarters for Economic Stabilization)は、日本の廃止された官公庁のひとつ。長は経済安定本部総裁。略称は安本(あんぽん)、経本(けいほん)。

概要[編集]

日本内閣に置かれた部局として発足したが、総理庁機関を経て、他の府・省と同格の機関として位置づけられた。経済安定の基本的施策の企画立案、物価の統制、経済統制の確保、外国人の投資や事業活動の調整を所管するとともに、関係する他の行政機関との総合調整および推進も担っていた。太平洋戦争後の日本の経済復興を図るため、傾斜生産方式などさまざまな施策を打ち出し、戦後の日本経済に大きな影響を与えた。

機構[編集]

初代次長白洲次郎(左)と初代総裁吉田茂(右)

経済安定本部の長は総裁であり、内閣総理大臣充て職であった[1]。総裁の下には部務を掌理する総務長官が置かれており、国務大臣が充てられた[2]。そのほかに政治任用される役職として、政務次官が置かれていた。また、総務長官を補佐するために、副長官が置かれていた[3]1949年6月1日経済安定本部設置法(昭和24年法律第164号)施行時には、内部部局として総裁官房、生産局、動力局、生活物資局、財政金融局、貿易局、建設交通局が設置されるとともに[4]附属機関として経済復興計画審議会、資源調査会、経済再建整備審議会、国民食糧及び栄養対策審議会、通貨発行審議会が設置されていた[5]。また、地方支分部局として全国各地に地方経済安定局が設置されており[6]、札幌地方経済安定局、仙台地方経済安定局、東京地方経済安定局、名古屋地方経済安定局、大阪地方経済安定局、広島地方経済安定局、高松地方経済安定局、福岡地方経済安定局の計8局が置かれていた[7]。さらに、外局として物価庁経済調査庁、外資委員会を擁していた[8]。なお、外局である物価庁はのちに内部部局である物価局に移行し、物価庁の附属機関である米価審議会も経済安定本部の附属機関として加わるなど、組織構成は年とともに変遷した。

所掌事務[編集]

利根特定地域総合開発計画により整備された藤原ダム

所管する業務は多岐にわたっており、経済安定本部設置法では経済安定、物価統制、経済統制の確保、外国人の投資や事業活動などが挙げられている[9]。太平洋戦争後の経済的な混乱のなか、物資やエネルギーの生産や配給だけでなく、財政通貨金融といった政策課題の企画立案に加え、公共事業の監督にいたるまで幅広く手掛けていた。中央省庁において強い影響力を持ったことから「最強官庁」「最大最強の経済団体」とまで呼ばれた。特に片山内閣においては、次官会議に代わって閣議案件を事前審査する役割も果たすなど、国政において強い影響力を持った。また、経済安定本部に所属する経済査察官は、特別司法警察職員として司法警察権を有していた。

内部部局ごとに具体的な所管業務をみてみると、生産局では、物資の需給、生産、割当、配給に関する政策や計画を所管した[10]。動力局では、石炭石油ガスコークス電力の生産、割当、配給に関する政策や計画を所管した[11]。生活物資局では、日本国民の合理的な生活水準の策定と、生活水準の改善や生活物資の生産に関する政策や計画を所管した[12]。財政金融局では、財政、通貨、金融に関する政策や計画を所管するとともに、金融機関をはじめとする企業の再建整備に関する政策や計画を所管した[13]。貿易局では、貿易に関する政策や計画を所管した[14]。建設交通局では、建設運輸通信に関する政策や計画を所管するとともに、公共事業の計画や監督、国土計画の策定を所管した[15]。経済安定本部の廃止にともない、これらの業務の大半は新設された経済審議庁に引き継がれた。ただし、経済調査庁の所管していた業務については、行政管理庁に引き継がれた。なお、経済安定本部の政策資料については、原本は経済審議庁の後身である経済企画庁に引き継がれたが、そのマイクロフィルムは経済企画庁図書館と東京大学経済学図書館の2か所に保管されている[16]

沿革[編集]

経済安定本部令(昭和21年勅令第380号)御署名原本

太平洋戦争中、日本では企画院など統制経済を担う行政機関が設置され、行政府による経済統制が行われていた。太平洋戦争終結後、いったんは行政府による経済統制は終わりを迎えたが、日本は経済的に大混乱に陥ることになった。そのため、幣原内閣においては、経済復興を目指すべくさまざまな方策が模索されることになる。こうしたなか、内閣の直属機関として経済安定本部と物価庁を新設する構想が浮上した[17]1946年8月12日、経済安定本部令(昭和21年勅令第380号)が施行された。これを受け、同日、第1次吉田内閣にて経済安定本部が発足した[18]。経済安定本部の総裁は内閣総理大臣の充て職であるため[19]、初代総裁には吉田茂が就任した[20]。また、庁務を掌理する総務長官には国務大臣が就くことになっており[21][22]、初代総務長官には無任所国務大臣として入閣していた膳桂之助が就任した[20]。同時に、膳は物価庁の初代長官にも就任した。同年12月17日、経済安定本部は『経済危機突破根本方針』を決定し、傾斜生産方式により経済再建を図ることを発表した[18]。翌日、経済安定本部令の一部を改正する勅令(昭和21年勅令第603号)の施行により、総務長官を補佐する次長が置かれることになった。これを受け、初代次長には白洲次郎が就任した[20]

1947年5月3日総理庁の発足にともない、経済安定本部は内閣の部局から総理庁の機関となった。また、総務長官を補佐する副長官が置かれることになった。これを受け、和田博雄が副長官事務取扱に就き、さらに佐多忠雄が副長官心得に就いたが、初めての副長官には永野重雄田中巳代治が就任した[20]。なお、同年7月4日には、『経済実相報告書』(いわゆる「経済白書」)が初めて発表された[23]1948年4月14日、政務次官の臨時設置に関する法律(昭和23年法律第26号)の施行により、内閣総理大臣や国務大臣が長を務める行政機関であればに限らず政務次官を置くことができるようになった[24]。これを受け、同年4月17日、芦田内閣にて政務次官が置かれることになった。初めての政務次官には、西村榮一藤井丙午の両名が就任した[20]。なお、同年9月30日には、総務長官の栗栖赳夫昭和電工事件により逮捕され、同年10月2日に辞任する騒ぎが起きた。また、同年12月13日には、総務長官の泉山三六泥酔して女性に抱きついて無理やりキスを迫り、断られると噛みつくなどの猥褻行為を行い、国会キス事件として問題化したことから翌日辞任した。このころより、太平洋戦争で中断していた河水統制事業の復活や促進が叫ばれるようになり、河川改訂改修計画の策定など河川総合開発事業が推進された。

1949年6月1日、国家行政組織法(昭和23年7月10日法律第120号)の施行により、経済安定本部は総理庁の機関から府や省と同等の機関となった。それにともない、物価庁、経済調査庁は経済安定本部の外局となった。1952年4月1日、経済安定本部の外局である物価庁の廃止にともない、内部部局として物価局が設置された。1952年8月1日、経済安定本部の廃止にともない、総理府の外局として経済審議庁が発足した。ただし、経済安定本部の外局である経済調査庁は、総理府の外局である行政管理庁に統合された。

組織[編集]

経済安定本部設置法が施行された1949年6月1日時点での組織構成は、下記のとおりである。

内部部局[編集]

附属機関[編集]

地方支分部局[編集]

外局[編集]

歴代総裁[編集]

経済安定本部総裁
氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考
1 Shigeru Yoshida suit.jpg 吉田茂 第1次吉田内閣 1946年8月12日 1947年5月24日 日本自由党
2 Tetsu Katayama.jpg 片山哲 片山内閣 1947年5月24日 1948年3月10日 日本社会党
3 Hitoshi Ashida.jpg 芦田均 芦田内閣 1948年3月10日 1948年10月15日 民主党
4 Shigeru Yoshida suit.jpg 吉田茂 第2次吉田内閣 1948年10月15日 1949年2月16日 民主自由党
5 第3次吉田内閣 1949年2月16日 1952年7月31日 民主自由党 再任
  第1次改造内閣 自由党 留任
  第2次改造内閣 自由党 留任
  第3次改造内閣 自由党 留任
  • 辞令のある再任は就任日を記載し、辞令のない留任は就任日を記載しない。
  • 党派の欄は、就任時、および、内閣発足時の所属政党を記載した。

歴代総務長官[編集]

経済安定本部総務長官
氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考
1 Replace this image JA.svg 膳桂之助 第1次吉田内閣 1946年8月12日 1947年1月31日 研究会
2 Tanzan Ishibashi.jpg 石橋湛山 1947年1月31日 1947年3月20日 民間
3 Replace this image JA.svg 髙瀨莊太郎 1947年3月20日 1947年5月24日 民間
4 Hiroo Wada 01.jpg 和田博雄 片山内閣 1947年6月1日 1948年3月10日 緑風会
5 Kurusu Takeo.JPG 栗栖赳夫 芦田内閣 1948年3月10日 1948年10月2日 民主党
Hitoshi Ashida.jpg 芦田均 1948年10月2日 1948年10月15日 民主党 事務取扱
Shigeru Yoshida suit.jpg 吉田茂 第2次吉田内閣 1948年10月15日 1948年10月19日 民主自由党 事務取扱
6 Sanroku Izumiyama.jpg 泉山三六 1948年10月19日 1948年12月14日 民主自由党
Suto Hideo.JPG 周東英雄 1948年12月14日 1949年2月16日 民主自由党 臨時代理
7 Aoki Takayoshi.jpg 青木孝義 第3次吉田内閣 1949年2月16日 1950年6月28日 民主自由党
8 Suto Hideo.JPG 周東英雄   第1次改造内閣 1950年6月28日 1952年7月31日 自由党
  第2次改造内閣 自由党 留任
  第3次改造内閣 自由党 留任
  • 辞令のある再任は就任日を記載し、辞令のない留任は就任日を記載しない。
  • 党派の欄は、就任時、および、内閣発足時の所属政党を記載した。非国会議員の場合は民間と記載した。
  • 事務取扱、臨時代理は総務長官空位時のみ記載した。

立案された主要な計画[編集]

在籍した人物[編集]

総裁、総務長官、政務次官のような政治家としてではなく、職員として経済安定本部に在籍した人物五十音順で記載する。ハイフン以降は、経済安定本部以外での代表的な役職を示す。

脚注[編集]

註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 経済安定本部廃止直前のデータ。
  2. ^ 1951年5月1日に福島正雄が副長官を退任したが、それ以降は空席のままであった。なお、同日より平井富三郎が副長官心得を務めた。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 経済安定本部設置法第3条第2項。
  2. ^ 経済安定本部設置法第3条第3項。
  3. ^ 経済安定本部設置法第3条第4項。
  4. ^ 経済安定本部設置法第6条第1項。
  5. ^ 経済安定本部設置法第15条第1項。
  6. ^ 経済安定本部設置法第16条。
  7. ^ 経済安定本部設置法第18条。
  8. ^ 経済安定本部設置法第19条。
  9. ^ 経済安定本部設置法第4条。
  10. ^ 経済安定本部設置法第9条。
  11. ^ 経済安定本部設置法第10条。
  12. ^ 経済安定本部設置法第11条。
  13. ^ 経済安定本部設置法第12条。
  14. ^ 経済安定本部設置法第13条。
  15. ^ 経済安定本部設置法第14条。
  16. ^ 「概要」『経済安定本部資料 | 東京大学 経済学図書館・経済学部資料室東京大学経済学図書館
  17. ^ 『宮﨑勇オーラルヒストリー別冊図表資料集』政策研究大学院大学、1頁。
  18. ^ a b 『宮﨑勇オーラルヒストリー別冊図表資料集』政策研究大学院大学、2頁。
  19. ^ 経済安定本部令第5条第1項。
  20. ^ a b c d e 『宮﨑勇オーラルヒストリー別冊図表資料集』政策研究大学院大学、9の1頁。
  21. ^ 経済安定本部令第6条第1項。
  22. ^ 経済安定本部令第6条第2項。
  23. ^ 『宮﨑勇オーラルヒストリー別冊図表資料集』政策研究大学院大学、3頁。
  24. ^ 政務次官の臨時設置に関する法律第1条第1項。

関連項目[編集]