佐々木義武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 義武(ささき よしたけ、1909年4月3日 - 1986年12月13日)は日本政治家、官僚。科学技術庁長官通商産業大臣

来歴・人物[編集]

秋田県河辺郡河辺町(後の秋田市)生まれ。秋田中学(後の秋田県立秋田高等学校)時代は野球部員として甲子園出場の経験がある。1933年東京帝国大学経済学部を卒業後、南満州鉄道に入社し、調査部に配属される。その後興亜院に転じ、ここで大蔵省出身の大平正芳農林省出身の伊東正義らと知り合い、第二次世界大戦後も「九賢会」と称する会合を持って交流を深めた[1]。以後企画院大東亜省内閣調査局にて調査官を歴任した。

戦後の1947年経済安定本部に転じ、初代経済復興計画室長として、傾斜生産方式による政策の遂行に辣腕を振るった。その後経済審議庁計画部長、科学技術庁原子力局長を務め、1960年第29回衆議院議員総選挙自由民主党公認で旧秋田1区から立候補し当選する。以後当選9回。宏池会に所属。厚生政務次官等を経て、1974年三木内閣にて科学技術庁長官、1979年第2次大平内閣にて通産大臣として入閣する。1986年政界を引退。その地盤は、二田孝治に引き継がれた。

自民党随一の資源・エネルギー問題の専門家で、電力・ガス・石油業界の信頼が厚かった。1985年勲一等旭日大綬章受章。1986年12月13日死去。享年77。元上小阿仁村村長小林宏晨は娘婿である。

脚注[編集]

  1. ^ 『大平正芳』38・42頁。

参考文献[編集]


議会
先代:
仮谷忠男
 日本の旗 衆議院農林水産委員長 
1972年 - 1973年
次代:
仮谷忠男
公職
先代:
江崎真澄
日本の旗 通商産業大臣
第40代:1979年 - 1980年
次代:
田中六助
先代:
足立篤郎
日本の旗 科学技術庁長官
第29代:1974年 - 1976年
次代:
前田正男