Template:行政官庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テンプレートの解説[表示] [編集] [履歴] [キャッシュを破棄]

ここに概要や目的

使い方[編集]

{{行政官庁
|国名=
|正式名称=
|公用語名=
|紋章=
|紋章サイズ=
|画像=
|画像サイズ=
|画像説明=
|主席閣僚職名=
|主席閣僚氏名=
|次席閣僚職名=
|次席閣僚氏名=
|三席閣僚職名=
|三席閣僚氏名=
|補佐官職名=
|補佐官氏名=
|次官職名=
|次官氏名=
|上部組織=
|上部組織概要=
|下部組織1=
|下部組織概要1=
|下部組織2=
|下部組織概要2=
|下部組織3=
|下部組織概要3=
|下部組織4=
|下部組織概要4=
|下部組織5=
|下部組織概要5=
|下部組織6=
|下部組織概要6=
|所在地=
|緯度度=|緯度分=|緯度秒=
|経度度=|経度分=|経度秒=
|定員=
|年間予算=
|会計年度=
|設置年月日=
|改称年月日=
|廃止年月日=
|前身=
|後身=
|ウェブサイト=
|その他=
}}

以上の座標は日本国内を想定しています。日本国外の場合は座標部分に以下の引数を使用してください。

|緯度度=|緯度分=|緯度秒=|N(北緯)及びS(南緯)=
|経度度=|経度分=|経度秒=|E(東経)及びW(西経)=
|地図国コード=

引数[編集]

国名
官公庁が所属する国の名称を3桁レターコードで記載してください。
正式名称
官公庁の日本語での正式名称を記載してください。
公用語名
官公庁が所属する国の公用語での正式名称を記載してください。日本の場合は、ふりがなを記載してください。
紋章
官公庁の紋章(またはロゴ)画像を記載してください。「ファイル:」を除いてください。官公庁の紋章がない場合は、政府の紋章を記載してください。
紋章サイズ
紋章画像のサイズを記載してください。
画像
官公庁の外観を表す画像を記載してください。「ファイル:」を除いてください。
画像サイズ
官公庁の画像のサイズを記載してください。
画像説明
官公庁の画像の説明を記載してください。
主席閣僚職名
官公庁の責任者の役職名を記載してください。日本の場合は、法律組織の長の役職名が明記されていますので、それに従ってください。引数の名称が「主席閣僚職名」となっていますが、組織の長主任の大臣と一致しない場合も多く、閣僚とは限りませんので、柔軟に使用してください。具体的には、総務省大臣宮内庁の長官、公正取引委員会の委員長、北方対策本部の本部長などが該当します。「官民人材交流センター長」「日本海・九州西広域漁業調整委員会会長」のように厳密に正式な職名を明記すると長くなってしまう場合がありますが、テンプレートですのでここでは「センター長」「会長」程度の簡略な表記にとどめ、詳細については本文で記載してください。
主席閣僚氏名
官公庁の責任者の氏名を記載してください。
次席閣僚職名
官公庁のナンバー2にあたる役職名を記載してください。引数の名称が「次席閣僚職名」となっていますが、閣僚とは限りませんので、柔軟に使用してください。具体的には、法務省の副大臣、内閣官房の副長官、警察庁の次長、国家公安委員会の委員長代理、地震調査研究推進本部の本部長代理などが該当します。テンプレートですので簡略な表記にとどめ、詳細については本文で記載してください。厳密に正式な職名を明記すると長くなってしまう場合がありますが、テンプレートですのでここでは簡略な表記にとどめ、詳細については本文で記載してください。
次席閣僚氏名
官公庁のナンバー2にあたる者の氏名を記載してください。
三席閣僚職名
次席閣僚と補佐官の間に項目が必要な場合、適宜利用してください。
三席閣僚氏名
次席閣僚と補佐官の間に項目が必要な場合、適宜利用してください。
補佐官職名
官公庁のナンバー3にあたる役職名を記載してください。引数の名称が「補佐官職名」となっていますが、補佐官とは限りませんので、柔軟に使用してください。具体的には、外務省の大臣政務官、防衛庁の長官政務官、などが該当します。組織図上、同階層の職があまりにも多い場合は、記載しないでください。厳密に正式な職名を明記すると長くなってしまう場合がありますが、テンプレートですのでここでは簡略な表記にとどめ、詳細については本文で記載してください。
補佐官氏名
官公庁のナンバー3にあたる者の氏名を記載してください。
次官職名
官公庁のナンバー4、事務方(一般職)のトップにあたる者の役職名を記載してください。引数の名称が「次官職名」となっていますが、次官とは限りませんので、柔軟に使用してください。具体的には、財務省の事務次官、消費者庁の長官などが該当します。組織図上、同階層の職があまりにも多い場合は、記載しないでください。厳密に正式な職名を明記すると長くなってしまう場合がありますが、テンプレートですのでここでは簡略な表記にとどめ、詳細については本文で記載してください。
次官氏名
官公庁のナンバー4にあたる者の氏名を記載してください。
上部組織
官公庁に上部組織がある場合は、「上部組織」と記載してください。
上部組織概要
官公庁の上部組織の名称を記載してください。具体的には、文化庁にとっての文部科学省中央労働委員会にとっての厚生労働省などが該当します。
下部組織
官公庁に下部組織がある場合は、その種別を記載してください。具体的には、内部部局特別の機関外局重要政策に関する会議審議会等施設等機関地方支分部局が該当します。
下部組織概要
官公庁の下部組織の名称を記載してください。具体的には、農林水産省にとっての大臣官房国土交通省にとっての国土地理院経済産業省にとっての資源エネルギー庁内閣府にとっての経済財政諮問会議環境省にとっての中央環境審議会防衛省にとっての防衛大学校、法務省にとっての矯正管区などが該当します。
緯度度・緯度分・緯度秒 、経度度・経度分・経度秒
座標(緯度・経度)を記入します。座標は、ジオロケーターで取得できます。このフィールドを記入すると、Google Earth等の地図サービスで所在地の場所にWikipediaアイコンが表示され、アイコンをクリックすると該当ページをすぐに開くことができるようになります。
座標の条件はデフォルトでは日本国内の北緯/東経/JPとなっています。これらは「(北緯)及びS(南緯)」「E(東経)及びW(西経) 」「地図国コード」部分を入力することにより変更できます。
地図国コード
座標位置が日本国内の場合には必要ありません。各国の国コードはプロジェクト:地理座標#地域を参照。

関連項目[編集]