小沢久太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小沢久太郎
おざわ きゅうたろう
生年月日 (1900-12-19) 1900年12月19日
出生地 千葉県市原郡加茂村
東京府東京市芝区愛宕下町[1]
没年月日 (1967-09-18) 1967年9月18日(満66歳没)
死没地 静岡県熱海市
出身校 東京帝国大学工学部
所属政党
自由党→)
自由民主党
称号 勲二等旭日重光章工学博士

内閣 第2次池田内閣
在任期間 1962年7月18日 - 1963年7月18日

選挙区 全国区千葉県選挙区
当選回数 3
(全国区1回、千葉県選挙区2回)
在任期間 1953年 - 1967年9月18日
テンプレートを表示

小沢 久太郎(おざわ きゅうたろう、1900年12月19日 - 1967年9月18日)は、昭和期の内務官僚参議院議員郵政大臣

来歴・人物[編集]

千葉県市原郡加茂村(現在の市原市)出身(尚、実際の出生地は東京府東京市芝区愛宕下町という説もある[1]。)。第一高等学校を経て、1927年東京帝国大学工学部土木工学科を卒業、内務省に入り、土木畑を歩む。特別調達庁促進局次長・近畿地方建設局長・経済安定本部建設交通局長、経済審議庁審議官などを歴任した。

1953年第3回参議院議員通常選挙に於いて自由党公認候補として全国区に立候補して初当選、保守合同以後は自由民主党に属する。

1959年第5回参議院議員通常選挙以後は、郷里のある千葉県選挙区に移り2度の当選を果たし、参議院議員としては通算3回当選した。参議院議院運営委員長、建設政務次官(第1次岸内閣)、自民党副幹事長などを歴任後、第2次池田内閣で郵政大臣を務めた。1961年には「道路橋工学論」で工学博士を授与された。その後、自由民主党千葉県連会長を務め、勲二等旭日重光章を授与されたが、1967年9月18日に病気のために療養先の熱海国立病院静岡県熱海市)にて死去した[2]。66歳没.

参考文献[編集]

  • 榎本時雄「小沢久太郎」『千葉大百科事典』(千葉日報社、1982年)
  • 大谷博愛「小沢久太郎」『日本人名大事典 7』(平凡社、1979年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 1967年12月4日の第57回国会参議院本会議での藤田進による哀悼演説で藤田が小沢を東京府出身であると紹介している。第57回国会 参議院本会議 第1号 国会会議録情報参照
  2. ^ 第57回国会 参議院本会議 第1号 藤田進による哀悼演説、国会会議録情報参照


議会
先代:
宮澤喜一
日本の旗 参議院議院運営委員長
1962年
次代:
田中茂穂
公職
先代:
手島栄
日本の旗 郵政大臣
第19代:1963年
次代:
古池信三