平林鴻三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
平林 鴻三
ひらばやし こうぞう
生年月日 (1930-11-21) 1930年11月21日(86歳)
出生地 鳥取県岩美郡福部村大字栗谷(現鳥取市
出身校 東京大学法学部
所属政党 無所属→)
自由民主党
称号 旭日大綬章

日本の旗 第67代 郵政大臣
内閣 第2次森内閣
在任期間 2000年7月4日 - 2000年12月5日

選挙区 鳥取県全県区→)
比例中国ブロック
当選回数 3回
在任期間 1993年7月19日 - 2003年10月10日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 鳥取県全県区
当選回数 2回
在任期間 1983年12月19日 - 1990年1月24日

鳥取県の旗 公選第8-10代 鳥取県知事
当選回数 3回
在任期間 1974年3月27日 - 1983年3月9日
テンプレートを表示

平林 鴻三(ひらばやし こうぞう、1930年11月21日 - )は、日本政治家自治官僚鳥取県知事(3期)、郵政大臣第67代)、衆議院議員(5期[1])等を歴任。

来歴・人物[編集]

鳥取県岩美郡福部村大字栗谷(現鳥取市)生まれ。灘高等学校東京大学法学部卒業。1954年自治省に入省。

1974年、自治省を退職し同年の鳥取県知事選挙に初当選。鳥取県知事は3期9年務める。1983年第37回衆議院議員総選挙古井喜実の後継者として鳥取県全県区(定数4)から自由民主党公認で出馬して当選。自民党では田中派竹下派→小渕派→橋本派に所属。

1986年第38回衆議院議員総選挙では鳥取県全県区でトップ当選し、再選。しかし1990年第39回衆議院議員総選挙では、日本社会党野坂浩賢に加え武部文も議席を獲得し、そのあおりを受ける形で平林が落選した(従来、鳥取県全県区では自民3、社会1で議席を分け合う構図が続いていた)。1993年第40回衆議院議員総選挙では、自民党を離党した石破茂に次ぐ2位で当選。

1996年第41回衆議院議員総選挙では、解散後に石破が新進党を離党したため選挙区調整により石破に鳥取県第1区を譲り、自身は比例中国ブロック単独で出馬して再選。翌1997年に自民党に復党した石破は、平林も所属する平成研究会に入会した。2000年第42回衆議院議員総選挙でも比例中国ブロックで5選。第2次森内閣郵政大臣に任命され、初入閣。2003年第43回衆議院議員総選挙では、比例中国ブロック単独で出馬したものの落選し、政界を引退。

脚注[編集]

  1. ^ 平林鴻三|衆議院議員|国会議員白書