正森成二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

正森 成二(まさもり せいじ、1927年1月19日 - 2006年10月18日)は、日本弁護士自由法曹団)。日本共産党衆議院議員

来歴・人物[編集]

兵庫県出身。旧神戸一中・旧静岡高校を経て、東京大学法学部卒。弁護士時代には大教組の勤評闘争事件の主任弁護士などを担当した。1972年(昭和47年)、第33回衆議院議員総選挙大阪1区から初当選。元々は反党活動で除名された志賀義雄の地盤ということもあり、その影響の払拭に尽力した。以後当選連続9回。

この間、国会では衆院大蔵委員会や法務委員会予算委員会に所属し、大蔵、法務、決算行政監視沖縄北方特別の各委員会の理事、宗教法人に関する特別委員会委員、裁判官弾劾裁判所裁判員を務めた。

日本共産党では党中央委員、法務部会長をつとめ、議員引退後は名誉役員となった。

浜田幸一による「宮顕のリンチ疑惑」発言[編集]

1988年(昭和63年)の予算委員会で、委員長浜田幸一の過去の発言を引用して、「過激派泳がせ政策」の存在について正森が追及していたところ、浜田がその発言を認めたうえで「我が党は旧来より、終戦直後より、殺人者である宮本顕治君を国政の中に参加せしめるような状況をつくり出したときから、日本共産党に対しては最大の懸念を持ち、最大の闘争理念を持ってまいりました」などと主張した。浜田からの言質は得られたものの逆に共産党への挑発を受けた正森は、過激派の話題を切り上げて他の質問に移った。

しかしその後、円ドル為替問題の質疑中の正森を浜田が唐突に遮り、「昭和8年12月24日、宮本顕治ほか数名により、当時の財政部長小畑達夫を股間に……」「針金で絞め、リンチで殺した。このことだけは的確に申し上げておきますからね。いいですね。」「私が言っているのは、ミヤザワケンジ[1]君が人を殺したと言っただけじゃないですか。」等と発言し出し[2]、委員会は大荒れとなった。この結果1ヶ月間委員会審議が空転し、浜田は辞任した。[3]

生涯[編集]

政策[編集]

家族[編集]

著書[編集]

  • 『大きなひとみで』
  • 『道ひとすじに』
  • 『質問する人、逃げる人』

その他

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮本顕治を宮沢賢治と言い間違えた。
  2. ^ 第112回国会 予算委員会 第7号議事録”. 国会会議録検索システム (1988年2月6日). 2017年9月30日閲覧。
  3. ^ 朝日新聞の正森の追悼記事によると浜田は正森と出会ったときに、「俺の首をとりやがって」と話しかけたという。
  4. ^ 第140回国会 法務委員会 12号
  5. ^ 千里タイムズ(2011年1月28日 1968号)