河井克行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
河井 克行
かわい かつゆき
Kawaikatsuyuki.jpg
生年月日 (1963-03-11) 1963年3月11日(53歳)
出生地 日本の旗 広島県広島市安佐南区
出身校 慶應義塾大学法学部政治学科
所属政党 自由民主党(無派閥)
公式サイト 衆議院議員 河井克行 公式サイト

選挙区 広島3区→)
比例中国ブロック→)
(広島3区→)
(比例中国ブロック→)
広島3区
当選回数 6回
在任期間 1996年10月21日 - 2000年6月2日
2003年11月10日 - 現職

選挙区 広島市安佐南区選挙区
当選回数 1回
在任期間 1991年 - 1993年
テンプレートを表示

河井 克行(かわい かつゆき、1963年3月11日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)、内閣総理大臣補佐官第3次安倍第1次改造内閣)、きさらぎ会幹事長。

法務副大臣第1次安倍改造内閣福田康夫内閣)、外務大臣政務官第2次小泉改造内閣第3次小泉内閣)、衆議院外務委員長広島県議会議員(1期)等を務めた。

略歴[編集]

  • 1963年(昭和38年) 広島県生まれ
  • 1981年(昭和56年) 広島学院高等学校卒業
  • 1981年 慶應義塾大学法学部政治学科入学
  • 1985年(昭和60年) 同大学卒業後、財団法人松下政経塾に第六期生として入塾
  • 1988年(昭和63年) 米国オハイオ州デイトン市行政管理予算局国際行政研修生
  • 1990年(平成 2年) 財団法人松下政経塾卒業
  • 1991年(平成 3年) 広島県議会議員選挙、初当選〔広島市安佐南区〕
  • 1996年(平成 8年) 衆議院議員総選挙、初当選〔広島県第三区選挙区〕
  • 2003年(平成15年) 衆議院議員総選挙、二期目当選〔比例中国ブロック〕
  • 2004年(平成16年) 外務大臣政務官に就任【第二次小泉内閣】
  • 2005年(平成17年) 衆議院議員総選挙、三期目当選〔広島県第三区選挙区〕
  • 2005年(平成17年) 外務大臣政務官に再任【第三次小泉内閣】
  • 2005年(平成17年) 自由民主党国会対策副委員長に就任
  • 2006年(平成18年) 自由民主党国防部会長に就任
  • 2007年(平成19年) 法務副大臣に就任【第一次安倍改造内閣】
  • 2007年(平成19年) 法務副大臣に再任【福田内閣】
  • 2008年(平成20年) 自由民主党副幹事長に就任
  • 2009年(平成21年) 衆議院議員総選挙、四期目当選〔比例中国ブロック〕
  • 2009年(平成21年) 自由民主党国会対策副委員長に就任
  • 2011年(平成23年) 自由民主党組織運動本部地方組織・議員総局長に就任
  • 2011年(平成23年) 衆議院外務委員会筆頭理事に選任
  • 2012年(平成24年) 自由民主党副幹事長に就任
  • 2012年(平成24年) 衆議院議員総選挙、五期目当選〔広島県第三区選挙区〕
  • 2012年(平成24年) 衆議院外務委員長に選任
  • 2013年(平成25年) 自由民主党総務会副会長に就任
  • 2014年(平成26年) 衆議院議員総選挙、六期目当選〔広島県第三区選挙区〕
  • 2015年(平成27年) 内閣総理大臣補佐官に就任【第三次安倍改造内閣】[1]

来歴[編集]

広島県広島市安佐南区生まれ。広島市立安小学校広島学院中学校広島学院高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1985年、大学を卒業し、松下幸之助が創設した松下政経塾に入塾(第6期生)。同期生に、福井県越前市長の奈良俊幸がいる。1990年、松下政経塾を卒塾し、出身地である広島県に帰郷。

1991年広島県議会議員選挙に広島市安佐南区選挙区から出馬し、初当選した。1993年、県議を1期目の任期途中で辞職し、第40回衆議院議員総選挙旧広島1区から自由民主党公認で出馬するも落選。1996年第41回衆議院議員総選挙広島3区から自民党公認で出馬し、新進党新人の増原義剛らを破り、当選した。2000年第42回衆議院議員総選挙では、前回の選挙で破った無所属増原義剛に敗れ、比例復活もならず落選。増原がその後自民党に入党したため、以後2009年第45回衆議院議員総選挙まではコスタリカ方式が採られ、河井、増原が交互に比例中国ブロック、広島3区から出馬する構図が続く。2003年第43回衆議院議員総選挙では比例中国ブロック単独2位で出馬し、3年ぶりに国政に復帰した。2004年第2次小泉改造内閣外務大臣政務官に任命され、第3次小泉内閣まで務める。

2007年第1次安倍改造内閣法務副大臣に任命され、福田康夫内閣まで務める。2009年第45回衆議院議員総選挙に比例中国ブロック単独3位で出馬し、4選。2011年6月、鳩山邦夫を中心に結成された「きさらぎ会」に参加し、同会幹事長を務める[2]

2012年第46回衆議院議員総選挙では、広島3区で民主党前職の橋本博明を比例復活すら許さない大差で破り、5選。選挙後の第182回国会において、衆議院外務委員長に起用された。2014年第47回衆議院議員総選挙では、民主党元職の橋本に前回よりも票差を縮められたものの、橋本に比例復活を許さず、6選。2015年第3次安倍第1次改造内閣内閣総理大臣補佐官(ふるさとづくり推進及び文化外交担当)に任命された。

活動・主張[編集]

  • 北朝鮮や中国の弾道ミサイルの脅威への抑止力のためのミサイル防衛(MD)に関する日米協力強化を目的とする超党派議連「日米同盟コーカス」に所属している[3]。2015年10月には長島昭久松野頼久とともに訪米し、米下院軍事委員会戦略軍小委員会のメンバーと共同で作業部会を立ち上げた[4]
  • 2008年5月に成立した宇宙基本法に宇宙平和利用決議等検討小委員会の委員長代理として関わり、草案を作成。草案は公明党や民主党との協議を経て、多少の修正はありつつも大筋で合意された[5][6]
  • 「法曹養成と法曹人口を考える国会議員の会」の事務局長を務めており、法曹人口増員計画の見直しを主張している[7]
  • 衆議院外務委員長として複数回渡米し、連邦議会議員や有識者と会談を行ったと述べている[8]
  • 2014年の広島県豪雨被害を受け、土砂災害防止法の改正を検討する作業部会の座長として土砂災害防止法の改正を中心的に取り組んだと述べている[9]

内閣総理大臣補佐官として[編集]

安倍政権では内閣総理大臣補佐官を務める。ドナルド・トランプ2016年アメリカ合衆国大統領選挙で勝利し、次期大統領に決まると、安倍晋三総理の特命で米国に派遣され[10]、日米安保やTPP(環太平洋パートナーシップ)などの交渉を行った[11]。河井は記者会見で「安倍総理大臣と次期アメリカ大統領との間で個人的な信頼関係を構築することが最も重要であり、それに向けて一歩でも前進できれば幸いだ」と述べた[12]。また中国新聞のインタビューに対し、派遣の目的を「米国が日本にとって重要な同盟国である」ことと「日米同盟が太平洋地域にとって重要であること」をトランプ陣営に伝えることだったと述べ、トランプが他国の首脳からの要請を断って安倍だけを面談の相手に選んだと述べている。河井は「トランプ氏とその周辺は日米同盟の重要性を認識している」とも述べている。[13]

また、フィリピンでロドリゴ・ドゥテルテが大統領に就任した際には、総理親書をもってフィリピンへ派遣された[14]

新聞社によるアンケートへの回答[編集]

人物[編集]

  • 2012年9月の自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支持し、安倍の推薦人に名を連ねた[18]
  • 鳩山邦夫の側近の1人であり、鳩山が設立した派閥横断型の政策グループ「きさらぎ会」の会合に定期的に参加している。「きさらぎ会」では、幹事長を務めている[19]
  • 2016年10月にアメリカ大統領選挙中に渡米し、候補のクリントンとトランプにそれぞれ近いとされる元議員や元政府高官などの民主・共和党の関係者と会談を行い「安倍総理大臣は再交渉しないと明確に表明している」と伝え、「安倍総理大臣は今の臨時国会でTPPが承認されるよう全力を挙げている」と述べた[20]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ プロフィール”. 河井克行 公式サイト. 2016年10月24日閲覧。
  2. ^ “鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」、100人突破の勢い!? ”. 産経新聞. (2014年6月18日). http://www.sankei.com/politics/news/140618/plt1406180033-n1.html 2015年11月15日閲覧。 
  3. ^ “日米議員がミサイル防衛で作業部会発足”. 産経新聞. (2015年3月25日). http://www.sankei.com/world/news/150325/wor1503250068-n1.html 
  4. ^ “日米議員がミサイル防衛作業部会を発足”. 産経新聞. (2015年5月1日). http://www.sankei.com/politics/news/150501/plt1505010012-n1.html 
  5. ^ 大航海時代 第6号(2008年9月号) - 河井克行を育てる会 (PDF) - 河井克行公式サイト、2016年10月24日閲覧。
  6. ^ 日本経団連2008年度事業報告:委員会等の活動 【特別委員会等】 - 2016年10月24日閲覧。
  7. ^ “「法曹人口、現状維持を」増員計画見直し提言 日弁連”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年3月19日). オリジナル2009年3月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090323061634/http://www.asahi.com/national/update/0319/TKY200903190340.html 
  8. ^ 河井克行公式ブログ
  9. ^ “土砂災害防止法、改正へ作業部会 自民”. 日本経済新聞 電子版. (日本経済新聞社). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H0Y_X20C14A8PP8000/ 2016年10月24日閲覧。 
  10. ^ 2016.11.9産経新聞
  11. ^ NHK newsweb 政府 トランプ氏と緊密な関係構築へ全力挙げる - 2016年11月9日閲覧。
  12. ^ NHK newsweb 首相 米新政権との信頼構築へ補佐官の米訪問指示 - 2016年11月9日閲覧。
  13. ^ 中国新聞2016年11月27日第2面「米新政権で日米同盟は」
  14. ^ 夕刊フジ 10月29日 風雲永田町
  15. ^ “比例区当選者 - 2009総選挙 政策・政治スタンス(朝日・東大調査から)”. asahi.com (朝日新聞社). (2009年). http://www2.asahi.com/senkyo2009/carta/O0901003.html 2016年10月24日閲覧。 
  16. ^ a b c d “2012衆院選 広島3区 河井克行”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A34003001001 2014年4月6日閲覧。 
  17. ^ “2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2014年). http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/asahitodai/ 2016年10月24日閲覧。 
  18. ^ “自民党総裁選推薦人の一覧”. 日本経済新聞 電子版 (日本経済新聞社). (2014年9月14日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS14015_U2A910C1EB1000/ 2015年1月10日閲覧。 
  19. ^ “故鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」が活動継続へ 塩崎恭久厚労相らの集団指導態勢に”. 産経ニュース (産経新聞). (2016年7月25日). http://www.sankei.com/politics/news/160724/plt1607240028-n1.html 2016年10月1日閲覧。 
  20. ^ ““日本はTPP再交渉に応じず” 米の両党に伝える”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2016年10月7日). オリジナル2016年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161007033034/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161007/k10010721031000.html 
  21. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌 知られざる巨大組織の実態』 花伝社2016年6月17日[要ページ番号]ISBN 978-4-7634-0781-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
中山義活
日本の旗 衆議院外務委員長
2012年 - 2013年
次代:
鈴木俊一
公職
先代:
水野賢一
日本の旗 法務副大臣
第10代:2007年 - 2008年
次代:
佐藤剛男
先代:
松宮勲荒井正吾田中和徳
日本の旗 外務大臣政務官
福島啓史郎小野寺五典と共同

2004年 - 2005年
次代:
山中あき子伊藤信太郎遠山清彦