国家主権と国益を守るために行動する議員連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国家主権と国益を守るために行動する議員連盟(こっかしゅけんとこくえきをまもるためにこうどうするぎいんれんめい)は、日本の超党派(主に民進党)の保守議員連盟である。

概要[編集]

2010年9月7日に発生した尖閣諸島中国漁船衝突事件では日本政府の対応に野党双方から批判の声が相次ぎ、議連を設立する機運が高まった。9月27日に準備会合が行われ、与野党から約10人の議員が出席[1]10月1日に設立総会が開かれ、27議員が出席した[2]

先述の衝突事件に対する日本政府の対応の検証だけでなく、安全保障に関する意識の共有を目的としている。

ただし、既に似たような趣旨で、共同座長の原口自身も所属している「日本の領土を守るため行動する議員連盟」が存在しており、特に民主、自民両党からの参加者については自身の党の執行部と距離をおく議員が多い傾向もあることから、その設立意図を疑問視する声もある[2]。また、2010年9月民主党代表選挙菅直人ではなく小沢一郎を支持した原口が、民主党内に新しいグループを結成する布石ではないか、との見方もあった[2]

なお、原口は日本会議国会議員懇談会のメンバーではあるが、「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」と日本会議とは無関係である。

活動[編集]

2010年10月4日中山義隆石垣市長らと国会議事堂内で意見交換[3]。領海侵犯に対する適正な対応の要請を受けた。同年10月9日には原口一博藤田幸久河井克行柿沢未途の4議員がヘリコプターで上空から尖閣諸島の視察を行った[4]

当面は国境に近い離島の振興法案、また国境警備を強化するための予算要求などを政府に提言する方針である[5]11月5日には、それまで一般には公開してこなかった尖閣諸島中国漁船衝突事件の一部始終を記録した海上保安庁撮影のビデオがYoutubeに流出する事件(尖閣諸島中国漁船衝突映像流出事件)が起き、これを受け同日にビデオの全面公開を申し入れるなどの要望書をまとめた[6]。要望書には他に、国境に近い離島の振興強化、民有地である尖閣諸島の国有化、領海侵犯罪の新設、領海警備を自衛隊に行わせる、などのための新法制定・法律改正も含まれている[7]

所属議員[編集]

※2010年10月1日の設立総会に出席した議員(27人)を掲載する。

民進党[編集]

自由民主党[編集]

日本維新の会[編集]

所属していた議員[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “尖閣で超党派議連発足へ=政府の対応検証-民・自” (日本語). 時事通信社. (2010年9月29日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201009/2010092900717 2010年10月9日閲覧。 
  2. ^ a b c “超党派「主権議連」発足 原口前総務相ら 尖閣領有を強調 政界再編への布石か?” (日本語). 産経新聞. (2010年10月1日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101001/stt1010012210011-n1.htm 2010年10月9日閲覧。 
  3. ^ “尖閣で議連に要請書=沖縄・石垣市長ら” (日本語). 時事通信. (2010年10月4日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010100400591 2010年10月9日閲覧。 
  4. ^ “原口前総務相ら超党派議員、空から尖閣諸島視察” (日本語). 読売新聞. (2010年10月9日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101009-OYT1T00462.htm 2010年10月9日閲覧。 
  5. ^ “民主・原口氏らの「主権議連」が10月末に国境離島振興法制定提言へ” (日本語). 産経新聞. (2010年10月14日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101014/stt1010141226002-n1.htm 2010年10月16日閲覧。 
  6. ^ “【尖閣ビデオ流出問題】主権議連、映像の「全面的一般公開」申し入れへ” (日本語). 産経新聞. (2010年11月5日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101105/stt1011051750015-n1.htm 2010年11月6日閲覧。 
  7. ^ “尖閣国有化の法改正提言、政府提出へ…議連” (日本語). 読売新聞. (2010年11月5日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101105-OYT1T00936.htm 2010年11月6日閲覧。 

関連項目[編集]