高村正大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高村 正大
こうむら まさひろ
生年月日 (1970-11-14) 1970年11月14日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 山口県
出身校 慶應義塾大学法学部卒業
前職 電通従業員
衆議院議員秘書
現職 衆議院議員
財務大臣政務官
所属政党 自由民主党麻生派
親族 高村坂彦 (祖父)
高村正彦(父)

選挙区 山口1区
当選回数 2回
在任期間 2017年10月22日[1] - 現職
テンプレートを表示

高村正大(こうむら まさひろ、1970年(昭和45年)11月14日 - )は、日本政治家自民党所属の衆議院議員(2期)、財務大臣政務官

経歴[編集]

山口県出身[2]。祖父は特高警察課長や衆議院議員を歴任した高村坂彦[3]、父は外務大臣自由民主党副総裁などを歴任した高村正彦

慶應義塾幼稚舎慶應義塾普通部慶應義塾高校[4]から1988年(昭和63年)、慶應義塾大学へ進学。父・正彦が経済企画庁長官であった1994年(平成6年)に長官秘書官に就任した際、大学在学中であったため、『日刊ゲンダイ』に批判された[5]。平成6年3月慶應義塾大学商学部(新田義孝ゼミ)[6]を卒業の上、平成8年3月慶應義塾大学法学部政治学科を卒業[7]後、電通に入社した。正彦が外務大臣であった2008年(平成20年)に退職し、大臣秘書官に再任[8]

2017年(平成29年)10月、正彦の引退に伴い、第48回衆議院議員総選挙山口1区から立候補し、初当選した。

2021年令和3年)10月6日、岸田内閣財務大臣政務官(分担は衆議院[9])に就任。

同年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で再選。

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

家族・親族[編集]

高村家[編集]

山口県熊毛郡三井村(現光市三井)、周南市東京都
1902年明治35年)12月生 - 1989年平成元年)10月没
1942年昭和17年)生 -
  • 母・治子(旧姓東野)

出典[編集]

  1. ^ “国会議員の任期満了日等”. 鳥取県公式サイト. https://www.pref.tottori.lg.jp/178443.htm 2021年8月18日閲覧。 
  2. ^ 公式Facebook
  3. ^ 山口1区 開票速報朝日新聞デジタル
  4. ^ 高村正大氏が出馬会見「山口県のため役立つ」山口新聞』2017年9月30日
  5. ^ 「サミット直前、長男を大臣秘書官に起用した高村外相の公私混同」日刊ゲンダイ』2008年8月2日
  6. ^ 高村正大 1993年三田会
  7. ^ 平成31年2月3日 高村正大新春の集い ご案内
  8. ^ 高村正大 | 議員情報 | 自由民主党
  9. ^ 高村政務官・繁本政務官就任記者会見の概要(令和3年10月7日) 財務省
  10. ^ a b c d e f g h i j k l 2017衆院選 候補者アンケート朝日東大谷口研究室共同調査
  11. ^ 連盟役員”. 神道政治連盟国会議員懇談会. 2018年8月12日閲覧。
  12. ^ a b 安藤輝国『激動の世に生きた政治家 高村坂彦伝』52頁
  13. ^ a b c 安藤輝国『激動の世に生きた政治家 高村坂彦伝』61頁

外部リンク[編集]

公職
先代:
船橋利実
元榮太一郎
日本の旗 財務大臣政務官
繁本護藤原崇と共同

2021年 -
次代:
現職