中西祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中西 祐介
なかにし ゆうすけ
生年月日 (1979-07-12) 1979年7月12日(38歳)
出生地 徳島県阿南市
出身校 慶應義塾大学法学部政治学
前職 三菱東京UFJ銀行
松下政経塾(第28期生)
所属政党 自由民主党麻生派
親族
公式サイト 中西祐介参議院議員 (徳島県、高知県選挙区選出)

日本の旗 参議院議員
選挙区 徳島県選挙区→)
徳島県・高知県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

中西 祐介(なかにし ゆうすけ、1979年7月12日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、自民党水産部会長。

財務大臣政務官、自民党参議院政策審議会副会長などを歴任。

来歴[編集]

徳島県阿南市生まれ。阿南市立見能林小学校阿南市立阿南中学校を経て徳島県立富岡西高等学校を卒業後、慶應義塾大学法学部政治学科に入学。卒業後、UFJ銀行に入社。2007年に政界を志し松下政経塾に第28期生として入塾する[1]

参議院議員[編集]

2010年に卒塾。7月に第22回参議院議員通常選挙徳島県選挙区から自民党公認で立候補し初当選。

2012年10月、自民党参議院政策審議会副会長就任(当時の会長は世耕弘成)。同年、参議院議院運営委員会委員[2]

2013年3月、常任委員会の一つである、参議院内閣委員会理事に就任[2]

2013年10月、参議院国会対策委員会副委員長に就任[2]

2014年9月、参議院副幹事長並びに、自民党青年局長代理に就任[2]

2015年7月24日、徳島県と高知県参議院合同選挙区による徳島県・高知県選挙区を創設する公職選挙法改正案に反発し、参議院本会議採決前に退席し棄権した[3]

2015年10月9日、財務大臣政務官に就任[2]

2016年7月10日、第24回参議院議員通常選挙に合区された合同選挙区である徳島県・高知県選挙区から出馬し再選。

2016年8月、自民党水産部会長に就任[4]

政策[編集]

政治資金[編集]

  • 2016年、自身の政治団体や党支部などとの間でやりとりされた寄付などの政治資金収支報告書への記載漏れが指摘された[7]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

寄稿[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
大家敏志竹谷とし子
日本の旗 財務大臣政務官
大岡敏孝と共同

2015年 - 2016年
次代:
­ 杉久武三木亨
名誉職
先代:
吉川沙織
最年少参議院議員
2010年7月 - 2013年7月
次代:
渡辺美知太郎