御法川信英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
御法川 信英
生年月日 (1964-05-25) 1964年5月25日(55歳)
出生地 日本の旗秋田県大曲市(現・大仙市
出身校 コロンビア大学国際公共政策大学院修士課程修了
前職 衆議院議員御法川英文公設第一秘書
現職 国会対策委員会副委員長
農林部会副部会長
外交部会副部会長
財政・金融・証券関係団体委員会副委員長
厚生関係団体委員会副委員長
農林水産関係団体委員会副委員長
青年局次長
秋田県県支部連合会常任顧問
秋田県第3選挙区支部長
所属政党無所属グループ改革→)
自由民主党麻生派
配偶者 独身
親族 父・御法川英文(元衆議院議員)
公式サイト 衆議院議員 みのり川信英

選挙区 秋田3区
当選回数 5回
在任期間 2003年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示

御法川 信英(みのりかわ のぶひで、1964年昭和39年)5月25日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)、自由民主党秋田県連会長。

秋田県大曲市(現・大仙市)出身。父御法川英文衆議院議員の秘書を経て政界入りし、外務大臣政務官麻生内閣)、財務副大臣第2次安倍改造内閣)、衆議院財務金融委員長を歴任。既婚。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

秋田県立横手高等学校普通科慶應義塾大学法学部政治学科卒業、コロンビア大学国際公共政策大学院(SIPA)修士課程修了。秋田銀行に入行したのち、父・英文の私設秘書公設第一秘書を勤めた。

秋田県第3区の自民党候補は、英文と村岡兼造の間で、いわゆるコスタリカ方式を適用しており、2人が小選挙区と比例区を選挙毎に入れ替わりで出馬する事になっていた[要出典]。しかし、第43回衆議院議員総選挙を前に英文が急死。村岡はコスタリカ方式の盟約は解消されたと一方的に判断して、比例区に回る予定を一転、小選挙区から出馬する。

これに、御法川陣営が反発。亡き英文の長男・信英を無所属で擁立し、保守分裂の弔い合戦となった。信英は民主党連合の支援も受けて村岡を破り、2003年11月に衆議院議員に初当選。敗れた村岡は政界引退へと追い込まれた。

政治家として[編集]

2013年9月23日ギリシャ銀行本店にて衆議院欧州各国における政治経済事情調査団長佐藤勉(右から3人目)、衆議院欧州各国における政治経済事情調査団団員小沢鋭仁(右から2人目)、山内康一(右端)、薗浦健太郎(左端)、ギリシャ銀行総裁ゲオルギオス・プロボプロス(左から3人目)と

当選後は支援を受けた民主党には入党せず、自民系無所属議員と院内会派グループ改革」を結成。2004年6月に同会派を解散し自民党へ入党。2005年1月に自民党秋田県第3選挙区支部長に就任。同年11月自由民主党国会対策副委員長就任。

郵政民営化には採決の直前まで反対の立場だったが、武部勤自民党幹事長執行部の説得に応じ賛成票を投ずる[要出典]。反対票を投じた場合の自身への刺客として村岡兼造の次男・村岡敏英の名を示唆されていた[要出典]。2005年の総選挙で再選。同年11月に自民党国会対策副委員長就任。なお、派閥には所属していないものの、武部勤元自民党幹事長を中心に結成された党内政策集団「改革フォーラム 新しい風」(武部グループ)に属し、代表幹事を務めている。2007年には衆議院議事進行係に任命された。2008年8月福田康夫改造内閣において外務大臣政務官に就任。同年麻生内閣で留任。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、再び村岡と対決するが、民主党の京野公子に敗れて共に落選。比例での復活当選も出来なかった。2012年12月第46回衆議院議員総選挙で当選。国政に復帰した[1]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣財務副大臣に就任。同年12月、財務副大臣再任を固辞して退任[2]2014年12月第47回衆議院議員総選挙で4選。2015年、自由民主党秋田県支部連合会会長に就任。2016年衆議院財務金融委員長に就任[3]

2017年5月、佐藤勉が設立した新グループ「天元会」に参加[4]。その後、天元会所属議員らと共に新派閥志公会麻生派)に合流[5]。同年10月第48回衆議院議員総選挙で5選[6]

政策[編集]

不祥事[編集]

年金未納

2004年政治家の年金未納問題が注目された際に国民年金の未納が発覚している(1988年6月分)[10]

政治資金

2010年から2012年にかけて資金管理団体が作成した政治資金収支報告書に一部の収入が不記載となっている疑いがあることが判明している[11]

選挙運動

2014年、御法川の政治団体が選挙区内の有権者カレンダーを配布していており、公職選挙法寄付が禁じられる有価物に該当すると指摘された[12]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 「国際安全保障政策-アメリカで学んだ戦争と平和-」二宮浩輔(編集)『コロンビア大学院で考えた世界と日本』はる書房 、2002年。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:秋田 - 開票速報 - 第46回総選挙
  2. ^ 財務副大臣に菅原元経産副大臣、御法川氏は再任固辞 ロイター 2014年12月25日
  3. ^ 衆院議運委員長に佐藤前国対委員長 日本経済新聞 2016年8月24日
  4. ^ 佐藤勉氏ら新グループ設立 麻生、山東派と合流へ 日本経済新聞 (2017年5月12日) 2017年5月20日閲覧
  5. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  6. ^ 秋田-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  7. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  8. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  9. ^ 理事・会員リスト パチンコチェーンストア協会
  10. ^ “自民二田氏が18年間未加入 寺田、御法川氏も”. 共同通信. 47NEWS. (2004年5月1日). オリジナルの2012年7月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20120719113420/http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004050101001078.html 2013年8月22日閲覧。 
  11. ^ 御法川副財務相:政治資金報告書、10〜12年一部収入不記載 毎日新聞 2014年11月14日
  12. ^ 御法川副財務相:カレンダー無料配布 顔、名前入り−−秋田3区 毎日新聞 2014年10月24日
  13. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  14. ^ 安倍政権中枢に/カジノ議連メンバーずらり しんぶん赤旗 2014年9月9日

外部リンク[編集]

公職
先代:
大塚高司
牧野京夫
日本の旗 国土交通副大臣
青木一彦と共同

2019年 -
次代:
現職
先代:
左藤章
田中良生
中根一幸
佐藤ゆかり
浮島智子
磯崎仁彦
牧野京夫
秋元司
原田憲治
日本の旗 内閣府副大臣
大塚拓
平将明
宮下一郎
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
石原宏高
山本朋広と共同

2019年 -
次代:
現職
先代:
古川禎久
愛知治郎
日本の旗 財務副大臣
宮下一郎と共同

2014年
次代:
菅原一秀
宮下一郎
先代:
宇野治
小池正勝
中山泰秀
日本の旗 外務大臣政務官
西村康稔柴山昌彦と共同

2008年 - 2009年
次代:
西村智奈美
吉良州司
議会
先代:
宮下一郎
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2016年 - 2017年
次代:
小里泰弘