御法川信英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御法川 信英
みのりかわ のぶひで
Minorikawa nobuhide.jpg
生年月日 (1964-05-25) 1964年5月25日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 秋田県大仙市
出身校 コロンビア大学国際公共政策大学院修士課程修了
前職 秋田銀行行員
衆議院議員御法川英文公設第一秘書
所属政党 無所属グループ改革)→
自由民主党(無派閥→佐藤G→麻生派→無派閥)
配偶者 有り
親族 父・御法川英文(元衆議院議員)
公式サイト 衆議院議員 みのり川信英

選挙区 秋田3区
当選回数 6回
在任期間 2003年 - 2009年
2012年 - 現職
テンプレートを表示

御法川 信英(みのりかわ のぶひで、1964年昭和39年)5月25日 - )は、日本の政治家自由民主党所属の衆議院議員(6期)。

現在は自民党国会対策委員長代理・秋田県支部連合会会長を務める。

外務大臣政務官麻生内閣)、財務副大臣第2次安倍改造内閣)、衆議院財務金融委員長、国土交通副大臣兼内閣府副大臣兼復興副大臣、

自民党国会対策委員会筆頭副委員長、衆議院議院運営委員会筆頭理事、自民党秋田県連会長を歴任。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

秋田県大曲市(現・大仙市)出身。秋田県立横手高等学校普通科慶應義塾大学法学部政治学科卒業、コロンビア大学国際公共政策大学院(SIPA)修士課程修了。秋田銀行に入行したのち、父・英文の私設秘書公設第一秘書を勤めた。

秋田県第3区の自民党候補は、英文と村岡兼造の間で、いわゆるコスタリカ方式を適用しており、2人が小選挙区と比例区を選挙毎に入れ替わりで出馬する事になっていた[要出典]。しかし、第43回衆議院議員総選挙を前に英文が急死。村岡はコスタリカ方式の盟約は解消されたと一方的に判断して、比例区に回る予定を一転、小選挙区から出馬する。

これに、御法川陣営が反発。亡き英文の長男・信英を無所属で擁立し、保守分裂の弔い合戦となった。信英は民主党連合の支援も受けて村岡を破り、2003年11月に衆議院議員に初当選。敗れた村岡は政界引退へと追い込まれた。

政治家として[編集]

2013年9月23日ギリシャ銀行本店にて衆議院欧州各国における政治経済事情調査団長佐藤勉(右から3人目)、衆議院欧州各国における政治経済事情調査団団員小沢鋭仁(右から2人目)、山内康一(右端)、薗浦健太郎(左端)、ギリシャ銀行総裁ゲオルギオス・プロボプロス(左から3人目)と

当選後は支援を受けた民主党には入党せず、自民系無所属議員と院内会派グループ改革」を結成。2004年6月に同会派を解散し自民党へ入党。2005年1月に自民党秋田県第3選挙区支部長に就任。同年11月自民党国会対策副委員長就任。

郵政民営化には採決の直前まで反対の立場だったが、武部勤自民党幹事長執行部の説得に応じ賛成票を投ずる[要出典]。反対票を投じた場合の自身への刺客として村岡兼造の次男・村岡敏英の名を示唆されていた[要出典]。2005年の総選挙で再選。同年11月に自民党国会対策副委員長就任。なお、派閥には所属していないものの、武部勤元自民党幹事長を中心に結成された党内政策集団「改革フォーラム 新しい風」(武部グループ)に属し、代表幹事を務めている。2007年には衆議院議事進行係に任命された。2008年8月、福田康夫改造内閣において外務大臣政務官に就任。同年麻生内閣で留任。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、再び村岡と対決するが、民主党の京野公子に敗れて共に落選。比例での復活当選も出来なかった。2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で当選。国政に復帰した[1]

2014年9月3日第2次安倍改造内閣財務副大臣に就任。同年10月から11月にかけて、選挙区民に対するカレンダー無料配布、政治資金収支報告書の不適切記載問題など、計3件の不祥事が報じられる[2][3][4]

同年12月14日の第47回衆議院議員総選挙で4選。同年12月25日、臨時閣議が開かれ、第3次安倍内閣の副大臣・政務官人事が諮られるが、御法川は財務副大臣再任を固辞して退任した[5]

2015年、自民党秋田県支部連合会会長に就任。

2016年衆議院財務金融委員長に就任[6]

2017年5月、佐藤勉が設立した新グループ「天元会」に参加[7]。その後、天元会所属議員らと共に新派閥志公会麻生派)に合流[8]。同年10月の第48回衆議院議員総選挙で5選[9]

第4次安倍第2次改造内閣国土交通副大臣災害対策建設産業鉄道自動車観光等の担当[10])兼内閣府副大臣兼復興副大臣に就任。

2020年、自民党国会対策委員会筆頭副委員長、衆議院議院運営委員会筆頭理事に就任。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で6選[11]。同年11月9日、自民党国会対策委員長代理に就任。

2022年1月12日、自民党秋田県支部連合会会長に就任。

2022年2月25日、佐藤勉丹羽秀樹阿部俊子と共に、麻生派を退会[12]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 憲法改正について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[13]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[14]
  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「集団的自衛権の保持を明記する」「憲法改正の発議要件を各院の過半数にする」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[13]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[15]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[13]
  • 普天間基地辺野古移設について、2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[13]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]。同年のNHKのアンケートで回答しなかった[14]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2021年の朝日新聞社のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]。同年のNHKのアンケートで回答しなかった[14]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[13]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで回答しなかった[14]

その他[編集]

  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「下げるべき」と回答[14]
  • 新型コロナウイルス対策として、消費税率の一時的な引き下げは、2021年のアンケートで「必要でない」と回答[14]
  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[16]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「これ以上、調査や説明は必要ない」と回答[15]
  • 2013年11月26日、特定秘密保護法案の採決で賛成票を投じている[17]

不祥事・批判[編集]

統一教会との関係[編集]

  • 2016年2月15日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体「天宙平和連合(UPF)」が世界平和国会議員連合(IAPP)を創設。同年11月、日本のIAPP創設大会が参議院議員会館で開催され、同大会には当時の閣僚5人を含む63人の国会議員が参加。御法川もその中に含まれていた[18][19]
  • 2017年5月9日、統一教会系の日刊紙「ワシントン・タイムズ」主催による「日米議員・有識者懇談会」が衆議院第一議員会館で開催。御法川は自身の名で議員会館の会議室を押さえた。御法川の2つ隣の席には統一教会会長(当時)の徳野英治が座った。出席した北米総会長(当時)のキム・ギフンは「ワシントン・タイムズ代表団と日本の国会議員約100人が出会った場所で『真の父母様』の考えを紹介でき、とても満足しています」と述べた[20]
  • 2017年7月、「ワシントン・タイムズ」からの誘いを受け、御法川、武田良太竹本直一山本朋広鈴木克昌穴見陽一ら国会議員団と元衆議院議員の大野功統、元自衛艦隊司令官香田洋二は、教団幹部とともに渡米、外遊を行った[21][18]。統一教会系団体が開いたワシントンでの日米韓の国会議員会議で、一同は、日本の統一教会会長の徳野英治、国際勝共連合会長・世界平和連合会長の太田洪量、UPFジャパン新会長の梶栗正義ら教団幹部5人とともに記念撮影をした。会議に参加した関係者は、旅費や宿泊費は支払っていないと証言している。ワシントンでの会議後、一同はニューヨークに向かい、韓鶴子総裁主賓の超宗教フェスティバル「真の父母様マジソンスクエアガーデン大会」に参加した[21][22][23]
  • 2018年10月25日、「国際勝共連合創立50周年記念大会」がザ・キャピトルホテル 東急で開催。同大会に出席[24][18][22]
  • 2021年6月11日、世界平和国会議員連合の日本の議員連盟「日本・世界平和議員連合懇談会」の総会が衆議院第一議員会館で開催。御法川を含む20人の国会議員が出席し[25]、御法川は幹事長に就任した。同議連は前年に設立された団体で、初代会長は大野功統だった[26][27]。総会で会長に選出された原田義昭は6月15日、フェイスブックにその旨を記載するとともに、出席議員と国際勝共連合会長の梶栗正義がガッツポーズをする写真を掲載した[25][27]。翌16日、原田は投稿から写真だけ削除した[28]。教団は同年10月の衆院選に立候補した議連参加者を支援し、電話かけなどを熱心に行った[25]
  • 2022年6月13日、「日本・世界平和議員連合懇談会」は総会を開催。御法川は前年に続いて幹事長に選出された。顧問である国際勝共連合会長の梶栗が講演をし、講演の際、統一教会の関連団体「平和政策研究所(IPP)」が発行する「政策情報レポート」が配られた。総会資料のアンケート用紙には、梶栗が会長を務める統一教会の関連団体「世界平和連合」[29]に関する記述があり、「次期参議院選挙の地方区で、世界平和連合の応援を希望する議員がおられればお書き下さい」と書かれてあった[30]
  • 2022年7月から8月にかけて、共同通信社は、全国会議員712人を対象に、統一教会との関わりを尋ねるアンケートを実施。8月31日に各議員の回答の全文を公表した。岸田文雄首相は8月8日の自民党臨時役員会で、統一教会をめぐり「政治家の責任で関係をそれぞれ点検し、適正に見直してもらいたい」と述べ、党所属国会議員全員に通達するよう指示[31]しながらも、自身はアンケートに答えることを拒否した。御法川もアンケートに答えることを拒否した[32][33]

政治資金収支報告書の不適切な記載[編集]

  • 2014年11月26日、同資金管理団体が出した2013年分の政治資金収支報告書で、「みのり川信英後援会」からの2013年7月16日付の寄付について「500万円」と記載されているところ、後援会側の同年分報告書では「400万円」と記され、記載にずれが生じていたことが報道により明らかとなった[4]

その他[編集]

  • 2014年10月24日、御法川の政治団体が同年1月~2月に後援会員や党員に顔写真入りのカレンダー3千枚を無料配布していたことが報道により明らかとなった[2]公職選挙法寄付が禁じられる有価物に該当すると指摘された[35]

議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 「国際安全保障政策-アメリカで学んだ戦争と平和-」二宮浩輔(編集)『コロンビア大学院で考えた世界と日本』はる書房、2002年。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:秋田 - 開票速報 - 第46回総選挙
  2. ^ a b “支援者にカレンダー配布 御法川氏の政治団体”. 千葉日報. (2014年10月24日). https://www.chibanippo.co.jp/newspack/20141024/221192 2021年4月23日閲覧。 
  3. ^ a b 御法川副財務相:政治資金報告書、10〜12年一部収入不記載 毎日新聞 2014年11月14日
  4. ^ a b “御法川財務副大臣の関連政治団体、平成25年分収支報告書で寄付金額を誤記載”. 産経新聞. (2014年11月26日). https://www.sankei.com/article/20141126-AK6FLN5KNFOKBJDAIXDQ7T77TY/ 2021年4月23日閲覧。 
  5. ^ 財務副大臣に菅原元経産副大臣、御法川氏は再任固辞 ロイター 2014年12月25日
  6. ^ 衆院議運委員長に佐藤前国対委員長 日本経済新聞 2016年8月24日
  7. ^ 佐藤勉氏ら新グループ設立 麻生、山東派と合流へ 日本経済新聞 (2017年5月12日) 2017年5月20日閲覧
  8. ^ “新・麻生派、59人で発足 自民党第2派閥に”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/articles/ASK7352KQK73UTFK00P.html?iref=comtop_8_02 2017年7月3日閲覧。 
  9. ^ 秋田-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  10. ^ 御法川副大臣会見要旨 2019年10月2日(水)
  11. ^ 衆議院選挙2021 秋田(能代・横手など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  12. ^ “麻生派49人に、第3派閥に後退…佐藤勉・元総務相ら4人が退会届”. 読売新聞オンライン (読売新聞社). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20220225-OYT1T50147/ 2022年2月25日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h 御法川信英”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  14. ^ a b c d e f 秋田3区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  15. ^ a b 自民 秋田3区 御法川信英”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  16. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  17. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  18. ^ a b c ハーバー・ビジネス・オンライン編集部編著 『日本を壊した安倍政権』扶桑社、2020年12月2日、116-118頁。ISBN 978-4594086749 
  19. ^ 「安倍氏は三代にわたって付き合いがあった」マスコミが書かない○○容疑者・統一教会・自民党をつなぐ点と線” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2022年7月13日). 2022年7月14日閲覧。
  20. ^ 旧統一教会幹部らが自民党本部を訪問し議員会館でも…「国会議員に真の父母様の考えを紹介」桜を見る会にも“教団の関連団体”幹部が参加”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年8月3日). 2022年8月10日閲覧。
  21. ^ a b 旧統一教会トップと国会議員らがアメリカで面会…目的は?開示された名称変更の理由示した文書は黒塗り…政治家の関与は不明のまま”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  22. ^ a b 藤倉善郎 (2020年11月9日). “統一教会系閣僚9人。安倍政権と変わらぬ菅政権の「新宗教・スピリチュアル・偽科学」関係(2/3ページ)”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 2020年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月26日閲覧。
  23. ^ 安倍新内閣はまるで“カルト内閣”…統一教会がらみ12人、日本会議系も12人|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2022年7月19日閲覧。
  24. ^ 創立50周年大会に議員・有識者ら500人が結集”. 国際勝共連合 (2018年11月13日). 2022年7月16日閲覧。
  25. ^ a b c “21人のガッツポーズ”細田衆院議長の姿も・・・旧統一教会と自民党が国会内で集会、出席した元閣僚「選挙にプラスになる」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月26日). 2022年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧。
  26. ^ 日テレNEWS (2022年7月25日). “【“統一教会”と政治家】2年前設立の議員連合“顧問”に… 名簿を入手”. YouTube. 2022年8月2日閲覧。
  27. ^ a b 原田義昭 Facebook 2021年6月15日” (2021年6月15日). 2022年7月18日閲覧。
  28. ^ 日テレNEWS (2022年7月29日). “【ライブ】銃撃事件から3週間:“統一教会”と政治家の関係…続々と明らかに”. YouTube. 2022年8月1日閲覧。
  29. ^ 会長挨拶”. 世界平和連合. 2022年8月2日閲覧。
  30. ^ 今西憲之、吉崎洋夫 (2022年7月29日). “旧統一教会系団体に参院選の応援「希望する議員いれば記入を」 自民党が幹部の議連でアンケート”. AERA dot.. 2022年8月1日閲覧。
  31. ^ 旧統一教会との関係点検指示 首相、自民の全国会議員に通達へ”. 共同通信 (2022年8月8日). 2022年8月10日閲覧。
  32. ^ 旧統一教会との接点、全国会議員712人に聞いてみた【全回答の一覧付き】FAXで回答”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  33. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係”. 共同通信 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  34. ^ “自民二田氏が18年間未加入 寺田、御法川氏も”. 共同通信. 47NEWS. (2004年5月1日). オリジナルの2012年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20120719113420/http://www.47news.jp/CN/200405/CN2004050101001078.html 2013年8月22日閲覧。 
  35. ^ 御法川副財務相:カレンダー無料配布 顔、名前入り--秋田3区 毎日新聞 2014年10月24日
  36. ^ a b 北九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。
  37. ^ “2021年7月号_6面”. 全国たばこ新聞 (全国たばこ販売協同組合連合会). (2021年6月25日). http://zenkyou.xsrv.jp/wp-content/uploads/2021/07/2021%E5%B9%B47%E6%9C%88%E5%8F%B7_6%E9%9D%A2.pdf 2021年7月11日閲覧。 
  38. ^ 安倍政権中枢に/カジノ議連メンバーずらり しんぶん赤旗 2014年9月9日

外部リンク[編集]

公職
先代
大塚高司
牧野京夫
日本の旗 国土交通副大臣
青木一彦と共同

2019年 -2020年
次代
大西英男
岩井茂樹
先代
左藤章
田中良生
中根一幸
佐藤ゆかり
浮島智子
磯﨑仁彦
牧野京夫
秋元司
原田憲治
日本の旗 内閣府副大臣
大塚拓
平将明
宮下一郎
寺田稔
亀岡偉民
松本洋平
石原宏高
山本朋広と共同

2019年 - 2020年
次代
赤沢亮正
藤井比早之
三ッ林裕巳
田野瀬太道
長坂康正
江島潔
堀内詔子
中山泰秀
岩井茂樹
先代
橘慶一郎
浜田昌良
牧野京夫
日本の旗 復興副大臣
菅家一郎
横山信一と共同

2019年 - 2020年
次代
亀岡偉民
横山信一
岩井茂樹
先代
古川禎久
愛知治郎
日本の旗 財務副大臣
宮下一郎と共同

2014年
次代
菅原一秀
宮下一郎
先代
宇野治
小池正勝
中山泰秀
日本の旗 外務大臣政務官
西村康稔
柴山昌彦と共同

2008年 - 2009年
次代
西村智奈美
吉良州司
議会
先代
宮下一郎
日本の旗 衆議院財務金融委員長
2016年 - 2017年
次代
小里泰弘