塚田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
塚田 一郎
つかだ いちろう
生年月日 (1963-12-27) 1963年12月27日(54歳)
出生地 日本の旗 新潟県新潟市
出身校 中央大学法学部
ボストン大学大学院
前職 さくら銀行従業員
麻生太郎衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党麻生派
称号 法学士
親族 父・塚田十一郎(元郵政大臣新潟県知事
公式サイト 参議院議員 つかだ一郎

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年7月29日 - 現職
テンプレートを表示

塚田 一郎(つかだ いちろう、1963年12月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)、内閣府副大臣国土交通副大臣復興副大臣第4次安倍改造内閣)。参議院財政金融委員長参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長等を務めた。

郵政大臣新潟県知事自由民主党政務調査会長を務めた元衆議院議員塚田十一郎の五男[1]。元衆議院議員塚田徹は腹違いの兄にあたる。妻は元新潟テレビ21アナウンサー村山志保[2]

来歴[編集]

新潟県新潟市生まれ[3]新潟市立寄居中学校國學院高等学校中央大学法学部卒業[1]アメリカ合衆国ボストン大学大学院国際関係学科修士課程修了[1]1990年さくら銀行(現三井住友銀行)に入行[1]2000年、さくら銀行を退職し、麻生太郎衆議院議員秘書に転じた[1]

真島一男の死去に伴う2002年参議院新潟県選挙区補欠選挙自由民主党公認で出馬したが、野党系無所属黒岩宇洋に約20万票の大差で敗れた[1]2004年第20回参議院議員通常選挙に自民党公認で新潟県選挙区から出馬したが、近藤正道(無所属)、田中直紀(自民党)に次ぐ得票数3位で再び落選した[1]

2007年第21回参議院議員通常選挙に自民党公認で新潟県選挙区から出馬し、民主党現職の森裕子の得票を上回りトップ当選(入れ替わりに、かつて補選で塚田を破った黒岩宇洋が落選)したが[1]、選挙後に塚田の選対幹部だった木村一男新潟県議会議員や運動員が逮捕され、木村は罰金刑略式命令を受けた[4]

2013年第23回参議院議員通常選挙に自民党公認で新潟県選挙区から出馬し、再選[1]。同年、参議院財政金融委員長に就任[1]2016年参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長に就任[1]2018年第4次安倍改造内閣内閣府副大臣国土交通副大臣復興副大臣に任命された [5]

政策・主張[編集]

人物[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k プロフィール│参議院議員 つかだ一郎
  2. ^ “妻と亡父の功績、前面に<奔走04 新潟参院選>”. 朝日新聞. (2004年7月9日). http://www.asahi.com/2004senkyo/localnews/TKY200407090311.html 2018年10月20日閲覧。 
  3. ^ “塚田 一郎:参議院選挙(参院選)2013”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2013/profile/ye15001.htm 2018年10月20日閲覧。 
  4. ^ “元県議に罰金、連座制適用なし”. 新潟日報. (2007年9月10日). http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=1&newsNo=2405 2017年9月10日閲覧。 
  5. ^ “第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ”. 産経新聞. (2018年10月4日). https://www.sankei.com/politics/news/181004/plt1810040006-n1.html 2018年10月7日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i “2013 参院選 選挙区 新潟 塚田 一郎”. 毎日新聞. http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B15000005001 2018年10月20日閲覧。 
  7. ^ a b “超党派議連70人が靖国参拝 例大祭、3人の副大臣も”. 山陽新聞. (2018年10月18日). http://www.sanyonews.jp/article/807749/1/ 2018年10月20日閲覧。 
  8. ^ “【永田町群像 特別インタビュー】塚田一郎・自民党拉致問題対策本部事務局長 「めぐみさんと同窓…解決は使命」「北が見てるのは日本の世論」”. 産経新聞. (2014年8月25日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/140825/plt1408250027-s.html 2014年8月25日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
越智隆雄赤間二郎田中良生
坂井学葉梨康弘水落敏栄
武藤容治秋元司伊藤忠彦山本朋広
日本の旗 内閣府副大臣
左藤章田中良生中根一幸佐藤ゆかり浮島とも子
磯崎仁彦秋元司原田憲治と共同

2018年 -
次代:
(現職)
先代:
牧野京夫秋元司
日本の旗 国土交通副大臣
大塚高司と共同

2018年 -
次代:
(現職)
先代:
土井亨浜田昌良秋元司
日本の旗 復興副大臣
橘慶一郎浜田昌良と共同

2018年 -
次代:
(現職)
議会
先代:
中原八一
日本の旗 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2016年
次代:
山谷えり子
先代:
藤田幸久
日本の旗 参議院財政金融委員長
2013年 - 2014年
次代:
古川俊治