塚田一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
塚田 一郎
生年月日 (1963-12-27) 1963年12月27日(53歳)
出生地 新潟県新潟市
出身校 中央大学法学部
ボストン大学大学院
前職 銀行員
麻生太郎衆議院議員秘書
所属政党 自由民主党麻生派
称号 法学士
親族 父・塚田十一郎
公式サイト 参議院議員 つかだ一郎

選挙区 新潟県選挙区
当選回数 2回
テンプレートを表示

塚田 一郎(つかだ いちろう、1963年12月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。

経歴[編集]

衆議院議員郵政大臣自由民主党政調会長を経て新潟県知事を務めた塚田十一郎の五男として生まれる。新潟市立寄居中学校卒業まで新潟市で暮らした後、國學院高等学校中央大学法学部ボストン大学大学院国際関係学専攻修士課程を経て、さくら銀行(現:三井住友銀行)に入行。2000年に同行を退職後、麻生太郎経済企画庁長官秘書となった[1]

その後、2002年4月参議院新潟県選挙区補欠選挙に、選挙1ヶ月前に自民党から公認を得ていた高橋正新潟県議が立候補を辞退した[要出典]ことにより、代わって同党公認となり立候補するも、いわゆる「新潟方式」で無所属統一候補として立候補した同じ二世候補の黒岩宇洋に敗れた。

2004年第20回参議院議員通常選挙では、現職の田中直紀とともに自民党の公認を得たが、塚田は同党新潟県連が独自に擁立した候補であった。選挙では社会民主党党籍を持ち「新潟方式」による無所属統一候補として立候補した近藤正道がトップ当選し、同じ自民党公認の田中と最後の議席を争う形となり、約5万票差で敗れた。

2007年第21回参議院議員通常選挙では新潟県選挙区から立候補し、トップ当選を果たす。しかし選挙後の同年8月1日公職選挙法違反(買収・事前運動)の容疑により運動員が逮捕され、8月21日には、塚田の小千谷市選対本部長であった木村一男県議も逮捕[2]されている。木村は9月10日に長岡簡易裁判所から罰金刑略式命令を受け即日確定したため、禁錮刑以上の場合に適用される連座制の適用は免れた[3]

2期目を目指した2013年第23回参議院議員通常選挙でも、トップで再選を果たした。同年8月2日に召集された第184回国会において、財政金融委員長に就任[1]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

  • 2007年7月の参院選において、塚田を当選させるため現金を配ったとして、塚田の支援者が公職選挙法違反 (買収・事前運動)の疑いで逮捕された[9]

所属団体・議員連盟[編集]

家族親族[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 公式ホームページ プロフィール
  2. ^ “選対幹部の県議を逮捕 自民・塚田氏陣営”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年8月21日). http://www.47news.jp/CN/200708/CN2007082101000498.html 2012年9月26日閲覧。 
  3. ^ 元県議に罰金、連座制適用なし新潟日報・2007年9月10日)
  4. ^ a b c “2013参院選 選挙区 新潟 塚田一郎”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/2013san/kaihyo_area_meikan.html?mid=B15000005001 2013年10月8日閲覧。 
  5. ^ しんぶん赤旗 2013年1月6日
  6. ^ 選択夫婦別姓アンケート、mネット、2014年
  7. ^ 第174回国会 法務委員会 請願 1642号
  8. ^ 山内 正胤”. facebook. 2015年4月12日閲覧。
  9. ^ 朝日新聞 2007年8月2日
  10. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

議会
先代:
中原八一
日本の旗 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
2016年
次代:
山谷えり子
先代:
藤田幸久
日本の旗 参議院財政金融委員長
2013年 - 2014年
次代:
古川俊治