金子恭之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗衆議院議員 金子 恭之
生年月日 1961年2月27日(53歳)
出身地 日本の旗 熊本県球磨郡深田村(現あさぎり町
出身校 早稲田大学商学部
学位・資格 商学士
前職 園田博之衆議院議員秘書
所属委員会 国土交通委員会
世襲
選出選挙区 熊本5区
当選回数 5回
所属党派 無所属→)
(21世紀クラブ→)
無所属の会→)
自由民主党(無派閥)
党役職 熊本県支部連合会常任顧問
熊本県第5区総支部長
会館部屋番号 衆議院第2議員会館410号室
ウェブサイト 金子やすしオフィシャルウェブサイト
テンプレートを表示

金子 恭之(かねこ やすし、1961年2月27日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。

国土交通副大臣福田康夫改造内閣麻生内閣)、農林水産大臣政務官第3次小泉改造内閣)、衆議院国土交通委員長等を務めた。

来歴[編集]

熊本県球磨郡深田村(現あさぎり町)生まれ。熊本県立人吉高等学校早稲田大学商学部卒業後、田代由紀男参議院議員秘書を経て、1992年から園田博之衆議院議員秘書を務める。

2000年第42回衆議院議員総選挙熊本県第5区から無所属で出馬し、自由民主党公認の矢上雅義らを破り初当選した(当選同期に小渕優子竹下亘梶山弘志後藤田正純左藤章馳浩松島みどりらがいる)。当選後、同じく保守無所属で当選した衆院議員9人による院内会派「21世紀クラブ」(代表:山本幸三)を結成。同年11月の加藤の乱に際しては、森内閣不信任決議案の採決には欠席した。21世紀クラブ所属議員のうち、森内閣不信任案に反対した山本、上川陽子北村誠吾平井卓也谷本龍哉の5人は自民党入党が認められたが、欠席した金子、近藤基彦は選挙区事情もあって入党が認められず、2000年12月に無所属の会に入党(不信任案に反対しながらも選挙区事情から自民党入党が認められなかった宇田川芳雄も無所属の会に入党)。2001年11月、無所属の会を離党し、自民党に入党した。

2003年自由民主党青年局長に就任。2005年第3次小泉改造内閣農林水産大臣政務官に任命された。2008年福田康夫改造内閣国土交通副大臣に任命され、麻生内閣まで務める。

2009年第45回衆議院議員総選挙では熊本5区から自民党公認で出馬し、社会民主党公認で元八代市長中島隆利を破り4選(中島も比例復活)。

2012年第46回衆議院議員総選挙では中島の比例復活を許さず5選。選挙後、衆議院国土交通委員長に就任。

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
平井卓也
松島みどり
日本の旗 国土交通副大臣
加納時男と共同
2008年 - 2009年
次代:
辻元清美
馬淵澄夫
先代:
加治屋義人大口善徳
日本の旗 農林水産大臣政務官
小斉平敏文と共同

2005年 - 2006年
次代:
永岡桂子福井照
議会
先代:
平野博文
日本の旗 衆議院国土交通委員長
2012年 - 2013年
次代:
梶山弘志