山本和嘉子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
山本 和嘉子
やまもと わかこ
生年月日 (1968-07-18) 1968年7月18日(53歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市左京区
出身校 同志社大学文学部
前職 京都信用金庫従業員
福山哲郎参議院議員秘書
所属政党旧立憲民主党→)
立憲民主党
公式サイト 立憲民主党衆議院京都府第5区総支部長 山本わか子

選挙区 比例北陸信越ブロック
当選回数 1回
在任期間 2017年10月27日[1] - 2021年10月14日
テンプレートを表示

山本 和嘉子(やまもと わかこ、1968年7月18日 ‐ )は、日本政治家立憲民主党所属の元衆議院議員(1期)。

来歴・人物[編集]

京都府京都市左京区生まれ。京都市立下鴨中学校京都府立洛北高等学校を経て、同志社大学文学部文化学科国文学専攻を卒業後[2]京都信用金庫に入社。1993年5月15日には京都三大祭りの「葵祭」の第38代斎王代[3]を務めた。その後、参議院議員福山哲郎公設秘書などを勤めた[4][5][6][7]

2017年10月の第48回衆議院議員総選挙に、立憲民主党公認の比例北陸信越ブロック単独3位候補として立候補し、初当選を果たした[8][1]

2018年11月20日、立憲民主党京都府第5区総支部長に就任[9]

2020年9月の新・立憲民主党結成に参加。

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙では、小選挙区では2位に終わり、共産党や前回希望の党から比例で当選した井上一徳に票が分散したこともあり、比例近畿ブロックでの復活もならず落選。

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成29年(2017年)10月27日中央選挙管理会告示第26号(平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 山本和嘉子(比例・北陸信越・立憲民)【衆議院選挙2017】:読売新聞
  3. ^ 斎王代 葵祭:京都新聞” (日本語). www.kyoto-np.co.jp. 2018年8月8日閲覧。
  4. ^ 立憲民主党 | 衆院選2017 議員情報 山本 わか子
  5. ^ 第48回衆院選 立憲 北陸信越 山本和嘉子 - 毎日新聞
  6. ^ その他の政治団体一覧(3008団体) - 総務省
  7. ^ “立憲民主党:衆院5区に山本氏 府連設立大会で擁立発表 /京都」”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2018年11月19日). https://mainichi.jp/articles/20181119/ddl/k26/010/293000c 2018年11月22日閲覧。 
  8. ^ 北陸信越ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ 立民、参院選にLGBT区議擁立比例代表で福井新聞2018年11月20日付

外部リンク[編集]