新潟県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗新潟県第1区
衆議院小選挙区 新潟県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 新潟市中央区東区西区(旧新潟市域、旧黒埼町域)・江南区(旧新潟市域)・北区(旧新潟市域)
(2017年7月16日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年2002年区割変更)
選出議員 西村智奈美
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
439,968人
1.88 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

新潟県第1区(にいがたけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。(2002年(平成14年)に一部区割りの見直しが行われた)。

区域[編集]

2002年の公職選挙法改正により、新潟県第2区であった旧西蒲原郡黒埼町の区域が第1区に変更となった。

新潟市は2005年に周辺14市町村を編入合併し、2007年春に政令指定都市へ移行したが、第1区は編入市域を除く旧市域の大半がエリアとなる。

歴史[編集]

新潟市の市街地が中心の選挙区で、新潟県下の選挙区で面積は最も小さい。公職選挙法改正前は旧新潟1区に属していた。かつては自由民主党の地盤であったが、新潟市を拠点とし「田中角栄の金庫番」の異名を取った小沢辰男の自民党離党後は流動的な情勢となっている。

1996年第41回衆議院議員総選挙では旧1区時代から12選中の重鎮小沢辰男(新進党)の動向が注目されたが小選挙区には出馬せずに比例単独に回った。一方で自民党は第40回衆議院議員総選挙無所属で出馬し次点落選していた吉田六左ェ門を公認候補とし、吉田が日本社会党を離党し無所属で臨んだ関山信之との競り合いを制して初当選した。続く2000年第42回衆議院議員総選挙でも吉田が民主党入りした関山に比例復活を許さず勝利した。

しかし、2003年第43回衆議院議員総選挙では民主党の新人西村智奈美が当選し、吉田は完全落選に追い込まれた。2005年第44回衆議院議員総選挙でも西村が当選し、吉田は比例復活で国政に復帰したが、2009年第45回衆議院議員総選挙では西村が圧勝し、吉田は再び議席を失った。

しかし、2012年第46回衆議院議員総選挙では自民党新人の石崎徹が当選し、西村は比例復活もできずに落選した。この結果、民主党は県内6小選挙区での議席をすべて失った。2014年第47回衆議院議員総選挙でも石崎が当選したが、西村も比例復活して国政に復帰した。

2017年第48回衆議院議員総選挙では立憲民主党入りした西村に日本共産党社会民主党自由党新潟県連が相乗りして推薦を取り付け、野党統一候補となった西村が3期ぶりに小選挙区で当選し、敗れた石崎は比例復活に回った。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 吉田六左ェ門 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 吉田六左ェ門 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年 西村智奈美 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年 西村智奈美 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年 西村智奈美 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 石崎徹 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年 石崎徹 自由民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年 西村智奈美 立憲民主党

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:438,808人 最終投票率:56.14%(前回比:+9.17ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
西村智奈美 50 立憲民主党 128,045票
53.1%
―― 日本共産党社会民主党自由党新潟県連推薦
比当 石崎徹 33 自由民主党 113,045票
46.9%
88.3% 公明党推薦
第47回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:430,046人 最終投票率:46.97%(前回比:-6.23ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石崎徹 30 自由民主党 92,656票
47.0%
―― 公明党
比当 西村智奈美 47 民主党 84,573票
42.9%
91.3%
町田明広 49 日本共産党 20,037票
10.2%
21.6%
第46回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:428,456人 最終投票率:53.20%(前回比:-14.28ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
石崎徹 28 自由民主党 97,010票
44.1%
―― 公明党
西村智奈美 45 民主党 78,283票
35.6%
80.7% 国民新党
内山航 31 日本未来の党 27,749票
12.6%
28.6%
武田勝利 48 日本共産党 17,071票
7.8%
17.6%
第45回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:425,456人 最終投票率:67.48%(前回比:+0.86ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
西村智奈美 42 民主党 169,389票
60.1%
――
吉田六左ェ門 69 自由民主党 90,626票
32.2%
53.5% 公明党
武田勝利 45 日本共産党 17,919票
6.4%
10.6%
松本弘司 49 幸福実現党 3,690票
1.3%
2.2%
第44回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:421,723人 最終投票率:66.62%(前回比:+9.60ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
西村智奈美 38 民主党 136,391票
49.7%
――
比当 吉田六左ェ門 65 自由民主党 117,652票
42.8%
86.3%
川俣幸雄 50 日本共産党 20,541票
7.5%
15.1%
第43回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:418,701人 最終投票率:57.02%(前回比:-3.37ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
西村智奈美 36 民主党 119,297票
51.1%
――
吉田六左ェ門 63 自由民主党 96,107票
41.2%
80.6%
川俣幸雄 48 日本共産党 18,134票
7.8%
15.2%
第42回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:60.39%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
吉田六左ェ門 60 自由民主党 98,952票
43.2%
――
関山信之 66 民主党 80,544票
35.1%
81.4%
岩崎駿介 63 社会民主党 26,215票
11.4%
26.5%
川俣幸雄 45 日本共産党 23,581票
10.3%
23.8%
第41回衆議院議員総選挙 新潟県第1区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
吉田六左ェ門 56 自由民主党 87,887票
42.7%
――
関山信之 62 無所属 81,037票
39.3%
92.2% 新進党・民主党 ×
川俣幸雄 41 日本共産党 22,366票
10.9%
25.4%
中山均 37 市民新党にいがた 14,725票
7.1%
16.8%

関連項目[編集]