栗原博久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
栗原 博久
くりはら ひろひさ
生年月日 (1947-03-23) 1947年3月23日(71歳)
出生地 日本の旗 新潟県新津市(現:新潟県新潟市秋葉区
出身校 新潟大学農学部卒業
所属政党無所属→)
自由民主党→)
日本維新の会→)
自由民主党
称号 旭日中綬章2017年

選挙区旧新潟2区→)
新潟4区
当選回数 3回
在任期間 1993年 - 2003年
テンプレートを表示

栗原 博久(くりはら ひろひさ、1947年3月23日 - )は、日本政治家衆議院議員(3期)、環境政務次官(小渕内閣小渕改造内閣)、農林水産副大臣第1次小泉第2次改造内閣)などを歴任した。

来歴[編集]

新潟県新津市(現新潟市秋葉区)生まれ。農家の次男であり、新潟県立新津高等学校を経て新潟大学農学部卒業後、新潟県職員となる。その後、自民党衆議院議員であった旗野進一の秘書を務めた。1979年第35回衆議院議員総選挙旧新潟2区無所属で立候補したが落選。以降5回連続で落選したが、1993年第40回衆議院議員総選挙において初当選した。当選後は自民党に入党。

小選挙区比例代表並立制導入後は新潟4区で2回再選。2003年第43回衆議院議員総選挙では菊田真紀子に敗れ落選。再起を図ろうとしたが、菊田に勝てる見込みが薄いとのことから身を引き、長男で政策秘書・医師の栗原洋志を後継にした。しかし、洋志は第44回衆議院議員総選挙第45回衆議院議員総選挙で菊田の前に敗れた。

2012年12月4日第46回衆議院議員総選挙において新潟4区から日本維新の会公認候補として立候補したが落選し、比例復活もならなかった。2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙に日本維新の会から比例区で立候補したが落選。第47回衆議院議員総選挙の前に自民党に復党し[1]、同選挙には出馬しなかった。

2017年4月29日付の春の叙勲で、旭日中綬章を受章[2]

政歴[編集]

過去に経験した役職[編集]

所属していた団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新潟日報 2014年11月28日
  2. ^ 読売新聞 2017年4月29日 13面

外部リンク[編集]

公職
先代:
北村直人
太田豊秋
日本の旗 農林水産副大臣
市川一朗と共同
2003
次代:
金田英行
市川一朗