井伊誠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井伊 誠一(いい せいいち、1892年明治25年)10月5日 - 1985年昭和60年)1月5日[1])は、日本の弁護士政治家衆議院議員

経歴[編集]

新潟県北蒲原郡板山村(現新発田市)出身[1]1919年東京帝国大学法学部法律学科(独法)を卒業[1][2]。神戸海上保険勤務を経て、1922年、弁護士を開業し、農民事件の弁護を数多く担当した[1]

1926年労働農民党新潟県連合会執行委員に就任[1]1927年、労働農民党・日本労農党の共同推薦を受けて新潟県会議員に当選[1]。さらに、新潟県参事会員、新発田町会議員、金銭債務調停委員、県地方事務所参与、借地借家調停委員、新発田中学校講師などを務めた[2]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙に新潟県第一区から日本社会党公認で出馬し当選。以後、第23回第25回第26回第28回から第30回までの総選挙で当選し、衆議院議員を通算七期務めた[2]。この間、衆議院司法委員長、検察官適格審査会委員、積雪寒冷単作地帯振興対策審議会委員、日本社会党社会保障政策委員長、同新潟県連顧問、同両院議員総会長などを歴任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』34頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』32頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056