佐藤芳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 芳男(さとう よしお、1896年9月 - 1967年8月29日)は、日本の政治家衆議院議員(3期)、参議院議員(2期)。

略歴[編集]

新潟県中蒲原郡亀田町(現・新潟市江南区)出身。1920年(大正9年)に早稲田大学政治経済学部を卒業し、新潟銀行勤務を経て1927年(昭和2年)から亀田町長を務める。

1942年(昭和17年)の翼賛選挙で、実兄・与一立憲民政党衆院議員(5期))の後継として当時の新潟2区から翼賛政治体制協議会推薦で初当選。このため公職追放に遭うも、追放解除後の1952年(昭和27年)に行われた第25回衆議院議員総選挙改進党公認として国政復帰を果たす。翌1953年の総選挙でも再選されるが、日本民主党公認で臨んだ1955年の総選挙では落選し、自由民主党公認だった1958年の総選挙でも次点に終わった。

1959年(昭和34年)の第5回参議院議員通常選挙で芳男は新潟選挙区から自民党公認で鞍替え立候補、当選し1965年の参院選でも再選した。この間、参議院決算委員長(1960年・昭和35年)、党社会保障制度調査会副会長(1962年・昭和37年)を歴任した。1967年(昭和42年)6月に社会保障制度審議会副会長となるも、3ヶ月近く後の8月29日に新潟県北蒲原郡笹神村(現・阿賀野市)で妻や長男一家と共に休暇のために旅館に投宿していたところ、羽越豪雨によってもたらされた集中豪雨に伴う土砂崩れに巻き込まれて死去した[1]

家族[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 〈新潟、山形〉集中豪雨で死者不明138人 昭和ラプソディ 昭和42年7月~9月参照

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年11月。


議会
先代:
上原正吉
日本の旗 参議院決算委員長
1960年 - 1961年
次代:
岸田幸雄