柴谷要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柴谷 要(しばや かなめ、1910年明治43年)2月27日[1] - 1995年平成7年)4月26日[2])は、日本の労働運動家、政治家参議院議員

経歴[編集]

群馬県で生まれた[1]1925年鉄道省に入省[1]1932年鉄道教習所専門部を卒業した[1][3]

鉄道現業員組合に加入し、1946年国鉄労働組合の結成に加わり、同上野支部副委員長、同東京本部委員長、同中央執行委員長、全官公庁労働組合協議会議長、全日本交通運輸労働組合協議会議長などを務めた[1][3]

1956年7月、第4回参議院議員通常選挙全国区から日本社会党所属で出馬して当選(任期3年)[3]1962年7月、第6回通常選挙で全国区から出馬して当選し、参議院議員を二期務めた[3]。この間、日本社会党交通対策特別委員長、参議院決算委員長、日本国有鉄道諮問委員会委員、公共企業体等労働委員会東京地方調停委員などを務めた[3]

その後、労働福祉事業団監事、同理事、富士産業相談役を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『市民・社会運動人名事典』210頁。
  2. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』302頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』326-327頁。

参考文献[編集]